北米の金属研磨市場ー仕上げタイプ別(金属メッキ、陽極酸化、不動態化、粉体塗装、その他)、基板別(鋼、鉄、アルミニウム、銅、ニッケル、その他);用途別、最終用途別–需要分析と機会の見通し2027年

Kenneth Researchは、北米の金属研磨市場の予測評価を提供する調査レポートを2021年01月 22日 に発刊しました。これは、北米の金属研磨市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10346765

2019年、北米の金属研磨市場は13,251.0百万米ドルの市場価値を占め、2021ー2027年予測期間中に約9%のCAGRで成長すると予想されています。市場は国別によって米国とカナダに分かれています。米国の金属研磨市場は2019年に約11,760百万米ドルの最高の市場価値を獲得し、カナダの金属研磨市場は同じ年に1,4750百万米ドルの市場評価を達します。

金属研磨は、研磨材を使用して金属表面を滑らかにする仕上げプロセスです。金属を研磨すると、滑らかで光沢のある金属表面が生成されます。これは、耐久性があり、外天やその他の物理的条件に耐性があります。研磨業界は、さまざまな業界で美学に対する消費者の需要が高まっていることを背景に、主に成長しています。このプロセスは、スピナー、モーターユニット、電源、およびギアボックスに取り付けられた抽出可能な研磨剤を使用して実行されます。

市場セグメンテーション洞察

仕上げタイプ別
北米の金属研磨市場は、仕上げの種類によって金属メッキ、陽極酸化、不動態化、粉体塗装などに分割されます。金属メッキは、2019年に35.4%の市場シェアを占める市場で最大の仕上げタイプのセグメントです。それは表面の厚さを構築するために使用され、それによって金属から作られた製品に多くの利点を提供します。一方、粉体塗装セグメントは、2019年に2,264.4百万米ドルの市場価値を保持しました。

基板別
北米の金属研磨市場は、基板によって鋼、鉄、アルミニウム、銅、ニッケルなどに分割されています。鉄鋼セグメントは2019年に9.47%の市場シェアを保持し、予測期間中に大幅なCAGRで成長すると予想されます。

アプリケーション別
アプリケーション別北米の金属研磨市場は、金型研磨、ホイール、ディスク・ベルト、表面仕上げなどに分類されます。

最終用途別
北米の金属研磨市場は、最終用途によって住宅、商業、および産業セグメントに分割されており、その中で、産業セグメントは北米の金属研磨市場で最大の最終用途セグメントです。産業セグメントはさらに、船舶、航空機、医療、自動車、電子機器などに分類されます。これらのセグメントの中で、自動車セグメントは2020年までに百万米ドルの時価総額を超えると推定されています。

レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

耐久性と耐摩耗性の金属製品に対する需要の高まり

航空宇宙、電子機器、医療、エネルギーなどのさまざまな最終用途分野での耐久性のある金属製品に対する需要の高まりは、市場の成長を強化すると予測されるもう一つの注目すべき要因です。金属研磨は、銀、金、銅、真ちゅう、アルミニウム、鉄、クロム、鋼など、すべての種類の金属の表面の酸化、腐食、汚染を防ぎ、市場の成長を後押しします。

金属の代替品の入手可能性

 COVID-19は、北米の金属研磨市場のサプライチェーンに深刻な影響を及ぼし、市場のプレーヤーが提供する金属研磨の操作とサービスに混乱をもたらしました。

78.3%の製造業者は経済的影響を目撃すると予想され、53.1%の製造業者は業務の変化を目撃すると予想され、35.5%の製造業者はサプライチェーンの混乱に直面しています。

市場主要企業

北米の金属研磨市場における業界のリーダーはFerro Corporation, Honeywell International Inc., Ultra Polishing Inc., American Plating Company, Praxair S.T. Technology Inc., Universal Photonics, Micro Abrasives Corporation, Four Star Group of Companies Inc. (Four Star Metal Finishing Inc.)などです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

 [調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/north-america-metal-polishing-market-outlook/10346765

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 北米の金属研磨市場ー仕上げタイプ別(金属メッキ、陽極酸化、不動態化、粉体塗装、その他)、基板別(鋼、鉄、アルミニウム、銅、ニッケル、その他);用途別、最終用途別–需要分析と機会の見通し2027年