【環境省支援事業】インターナルカーボンプライシング(ICP)を用いた投資決定モデル事業に参画決定 

サステナビリティ経営の実現を目指す森永乳業

森永乳業グループは、コーポレートスローガン「かがやく“笑顔”のために」のもと、今年度よりサステナビリティ 中長期計画 2030 を推進しています。「食と健康」「資源と環境」「人と社会」という 3 つのテーマを軸に活動を行 い、7 つのマテリアリティ(重要取組課題)を通じてサステナビリティビジョンの実現を目指します。「資源と環境」においては、気候変動の緩和と適応にむけ、2050年までにカーボンニュートラルを実現することを目指ししています。

このたび、環境省による支援事業「令和4年度インターナルカーボンプライシング(以下ICP)を用いた投資決定モデル事業」に当社が参画することとなりました。今回選定された企業は4社であり、そのうちの1社が当社となります。

ICPとはInternal Carbon Pricingの略で、企業内部で見積もる炭素の価格であり、企業の低炭素投資・対策を推進する仕組みです。気候変動関連目標(SBT/RE100)に紐づく企業の計画策定に用いる手法であり、省エネ推進へのインセンティブ、収益 機会とリスクの特定、あるいは投資意思決定の指針等として活用され、近年、ICPを導入する企業が増えています。
当社は、今回の事業を通じて、2023年度からの社内での運用を目指しています。

◆森永乳業ウェブサイト ~森永乳業のサステナビリティ~
https://www.morinagamilk.co.jp/sustainability/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 森永乳業株式会社 >
  3. 【環境省支援事業】インターナルカーボンプライシング(ICP)を用いた投資決定モデル事業に参画決定