台湾プレミア試写会、台湾劇場公開のご報告

             出典: 西野亮廣/『映画えんとつ町のプペル』製作委員会

 お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が製作総指揮・原作・脚本を務めるアニメーション映画『映画 えんとつ町のプペル』(配給:東宝=吉本興業)が初の海外進出を果たし、4月1日より台湾全土で一斉に劇場公開されました。
 公開に先駆け、3月30日に台北で行われたプレミア試写会では、製作総指揮・原作・脚本の西野亮廣、監督の廣田裕介がオンラインで舞台挨拶を行いました。西野は撮影の舞台挨拶で、撮影で台湾に行った時に気に入った九份の街並みや雰囲気の魅力を語り、廣田監督は10年前の東日本大震災に寄せてくれた台湾の支援についての感謝を伝え、声優を務めた窪田正孝、芦田愛菜もビデオメッセージを送り、700人以上を収容する会場は大きな盛り上がりを見せました。
 現地の映画サイト「YAHOO!電影」でも期待度95%と、注目を集めています。世界中から注目を浴びている本作は、北米やヨーロッパ、中東など世界中の40社以上から問い合わせがあり、韓国での上映も決定しています。
 日本では昨年12月25日の公開から8週連続で観客動員数ランキング(*興行通信社調べ)にベスト10入りし、公開初日からノミネートの締め切りまでわずか1週間余りにも関わらず、第44回日本アカデミー賞では優秀アニメーション作品賞を受賞しました。現在も公開以来3ヶ月以上のロングランを記録、観客動員173万人、興行収入23億円を超える大ヒットとなっています。
 つきましては、ぜひ、このニュースを取り上げていただけますよう、宜しくお願いいたします。

【製作総指揮・原作・脚本 西野亮廣コメント】
たくさんの方に応援されて、いよいよ海外に進出します。
それもこれも、作品に関わってくださったスタッフの皆様と、劇場に足を運んでくださったお客様のおかげです。
本当にありがとうございました。
明るいニュースがお届けできるように頑張っていきます。

        写真使用時には、「提供:GaragePlay / LUX Cinema」記載をお願いします。

信じれば、世界は変わる。大人も泣ける大ヒット絵本、ついに映画化!
いつも厚い煙に覆われ、空を見あげることを忘れた「えんとつ町」を舞台に、星を信じる少年ルビッチと、ハロウィンの夜にゴミから生まれたゴミ人間プペルが「星を見つける旅へと出る、もう一歩踏み出したいすべての人に贈る、感動の冒険物語。製作総指揮・脚本・原作を西野亮廣が務め、アニメーション制作には圧倒的クオリティと世界観で世界中に多くのファンを持つSTUDIO4℃。設定開発にとことんこだわり、町の創設からエネルギー構造までを再構築し、ファンタジックな町並みと魅力的なキャラクターを立体的に映像化。今、頑張っている全ての人に贈る、この冬一番の感動作!

                     ロングラン上映中!

⬛タイトル:「映画 えんとつ町のプペル」
⬛声のキャスト:窪田正孝、芦田愛菜、立川志の輔、小池栄子、藤森慎吾、野間口徹、伊藤沙莉、宮根誠司、大平祥生(JO1)、飯尾和樹(ずん)、山内圭哉/ 國村隼
⬛製作総指揮・原作・脚本:西野亮廣 ⬛監督:廣田裕介
⬛アニメーション制作:STUDIO4℃  ⬛製作:吉本興業株式会社  ⬛配給:東宝=吉本興業
 ©西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会        poupelle.com
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 吉本興業株式会社 >
  3. 台湾プレミア試写会、台湾劇場公開のご報告