"〇〇する"と福が来る! こんまりさんも太鼓判の開運アクションで2022年をよい年に

ESSE新年特大号は12月2日発売!

ムーミン家計簿つきの通常版とムーミンの保冷・保温機能つきバッグ特装版が同時発売!

ESSE1月号 通常版ESSE1月号 通常版

"〇〇する"と福が来る! こんまりさんも太鼓判の開運アクションで2022年もよい年に

  生活様式が大きく変化してから、やってくる2度目の年末。「以前よりものが散らかっている」「家族がいて掃除がはかどらない…」といった方も多いのでは? そんな悩みも、年末なら片づけに取り組むいいきっかけになるはず。さらに、あのこんまりこと近藤麻理恵さんも「ものを捨てると幸せがやってきますよ」と断言しています! そこでESSEは、不要なものを捨てて人生が変わった人の暮らしを徹底取材しました。


★ものは”お金”。捨てたら借金も解消

 かつては浪費家で、借金を抱えていた時期もあったという人気インスタグラマーのなごみーさん。引っ越しを機にもののもち方を見直し、大量の服や日用品、家具を処分したことで、暮らしと家計にゆとりが生まれたそう。「不用品をフリマアプリで売ったことで、もの=お金なのだと実感。今まで、いかに自分がムダ買いをしていたのか気づきました」

そんななごみーさんの捨てて正解だったアイテムを場所別に紹介します。

【リビング】カーペットを捨てたら掃除がぐっとラクに

 


  ホコリや食べかすがたまるのが気になり、ダイニングと子ども部屋のカーペットを捨てることに。「掃除機がけや床ふきがしやすくなり、掃除のストレスがなくなりました」


【寝室】脚つきは管理が大変! ストレスフリーなマットレスへ

 

 脚つきマットレスをやめ、すのことダブルのマットレス2枚に5人で就寝。「すのことマットを立てれば掃除が簡単。中身を丸洗いできるマットレスなので清潔に保てます」


【キッチン】もったいなくても使っていないものは捨てる

 

 食器をしまうスペースはレンジ下の小さい棚のみ。「引き出物の夫婦茶碗や使っていない器はフリマアプリで処分。毎日使う器だけを残しているので。食事の支度のときも迷いません」



 ほかにも「捨てる家には福が来る!」特集では、こんまりさんのインタビューをはじめ、捨てて人生が一変した3人の幸せ実例や人気インスタグラマーが指南するマネするだけですっきりする、年末2週間”捨てジュール″、Dr.コパさんの開運捨て風水を紹介しています。



年末年始に使える人気料理家10人の最強おうちごはんも見逃せない!


 別冊付録「人気料理家10人の一生もの絶品レシピ81」では、豪華料理家たちによる最強おうちごはんを公開しています。

 

 

 伝説の家政婦・志麻さんのローストビーフや丸鶏ワタナベマキさんの家族が喜ぶ洋風食べきりおせちなど、年末年始につくりたいお祝いレシピから、本当に繰り返しつくっているとっておきレシピ、ESSE最新版のベストオブベストまで、この冬すぐに役立つレシピをたっぷり81品収録しています。


特装版が同時発売! ムーミンの2way保冷・保温バッグがついてくる!

ESSE1月号 特装版ESSE1月号 特装版

 ESSE新年特大号は、手持ちはもちろんリュックにもなる使い勝手抜群のムーミンの保冷・保温機能つきバッグがついた特装版を同時発売します。年末年始のお買い物にも重宝すること間違いなし。

■書誌情報
ESSE1月号(新年特大号)
発売⽇:2021年12⽉2⽇ 
通常版 特別定価:900円(税込)
特装版 価格:1300円(税込)
発⾏:フジテレビジョン
発売元:扶桑社
ESSEオンライン:https://esse-online.jp/

■購⼊リンク
通常版
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B09FS74L3W/
楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/16943745/

特装版
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B09FS2TN9S/
楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/16951661/

■本誌に関するお問い合わせ、取材のお申込みは下記へご連絡ください。
株式会社扶桑社 宣伝部 PR担当
senden@fusosha.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社扶桑社 >
  3. "〇〇する"と福が来る! こんまりさんも太鼓判の開運アクションで2022年をよい年に