デスクトップ仮想化市場ータイプ別(仮想デスクトップインフラストラクチャ、サービスとしてのデスクトップ、リモートデスクトップサービス)、組織の規模別、業種別、および地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.は、「デスクトップ仮想化市場ー世界的な予測2030年」新レポートを2021年08月04日に発刊しました。この調査には、デスクトップ仮想化市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-108903

デスクトップ仮想化市場は、2022年に134.5億米ドルの市場価値から、2030年までに286.4億米ドルに達すると推定され、予測期間中に11.4%のCAGRで成長すると予想されています。

企業への経済的圧力を軽減するためのコスト削減、従業員の生産性の向上、IT管理の簡素化とセキュリティの強化など、デスクトップ仮想化ソリューションによって提供されるさまざまなメリットが、デスクトップ仮想化市場の成長を牽引すると予想されます。ベンダーは、ITインフラストラクチャと、エンタープライズリソースプランニング、顧客関係管理などのビジネスデータをクラウドに移行しています。これは、デスクトップ仮想化市場の成長の主要な推進要因の1つです。また、簡素化された管理プロセスと強化されたセキュリティは、市場の成長に貢献すると予想されます。さらに、複雑さを軽減し、さまざまなモバイルユーザーにアプリを配信する機能により、すべてのタイプのビジネスでデスクトップ仮想化の採用が促進されています。

しかし、システムの複雑さと互換性の問題は、市場の成長を抑制する可能性があります。

市場セグメント


デスクトップ仮想化市場は、タイプ別(仮想デスクトップインフラストラクチャ、サービスとしてのデスクトップ、リモートデスクトップサービス)、組織の規模別(大企業および中小企業)、業種別(IT・テレコム、BFSI、教育、ヘルスケア、政府)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

タイプに基づいて、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)セグメントは、予測期間中にデスクトップ仮想化市場をリードすると推定されます。

タイプに基づいて、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)セグメントは、デスクトップ仮想化市場をリードすると推定されます。デスクトップの集中管理を好む企業全体でのBYODポリシーの採用の増加は、VDIソリューションの採用を推進する主要な要因の1つです。さらに、IT企業におけるコンピューティング機能とデータセキュリティ対策の要件も、このセグメントの成長を後押ししています。

組織の規模に基づいて、中小企業セグメントは、2022ー2030年の間に最大なCAGRで成長すると予想されます。

中小企業セグメントは予測期間中に最も高い速度で成長すると予測されています。新興企業にとって、デスクトップ仮想テクノロジーの採用と社内VDIモデルの実装は、コストが高いため困難です。しかし、NComputing Co.(US)などの一部のベンダーは、特にSME向けに、費用効果とエネルギー効率の高いデスクトップ仮想化ソリューションを開発しています。これにより、予測期間中にSME全体でこれらのソリューションの採用が増える可能性があります。

地域概要

デスクトップ仮想化市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は、デスクトップ仮想化市場の最大のシェアを占めると推定されています。この地域の市場の成長は、主に大規模なIT企業/ユーザーの存在、および米国とカナダでのデジタル化などの急速な技術の進歩によって推進されています。さらに、中小企業向けのデスクトップ仮想化ソリューションの採用もこの地域で増加しています。また、デスクトップ仮想化の主要なプレーヤー/ベンダーの大きな存在は、北米のデスクトップ仮想化市場の成長を牽引すると予想されます。さらに、Citrix Systems(米国)、VMware(米国)、Microsoft(米国)、Cisco Systems(米国)、Oracle(米国)、Red Hat(米国)などの主要企業、およびこの地域のいくつかの新興企業は、顧客のニーズに応えるために強化されたデスクトップ仮想化ソリューションを提供しています。

市場の主要なキープレーヤー

デスクトップ仮想化市場の主要なキープレーヤーには、Citrix Systems(米国)、VMware(米国)、NComputing(韓国)、Microsoft(米国)、Cisco Systems(米国)、Oracle(米国)、Red Hat(米国)、Evolve IP(米国)、Huawei Technologies(中国)、Ericom Software(米国)、HPE(米国)、Parallels International(米国)などがあります。この調査には、デスクトップ仮想化市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/desktop-virtualization-market/108903

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. デスクトップ仮想化市場ータイプ別(仮想デスクトップインフラストラクチャ、サービスとしてのデスクトップ、リモートデスクトップサービス)、組織の規模別、業種別、および地域別ー世界的な予測2030年