世界最高峰の陸上競技シリーズ・ダイヤモンドリーグ放送直前、世界選手権男子400メートルハードル銅メダリストの為末大選手にインタビュー!

main image
陸上競技の最高カテゴリーの大会として、世界各国14都市で開催されるリーグ戦ダイヤモンドリーグ。WOWOWでは世界のトップアスリートたちが人間の限界に挑戦する姿、世界最速・最高・最長の瞬間をお届けする。
5月22日(土)の第1戦ドーハの放送を前に、世界選手権男子400メートルハードル銅メダリストの為末大選手にダイヤモンドリーグのみどころを聞いた。日本を代表するアスリートである為末選手が語るダイヤモンドリーグそして陸上競技の魅力とは!? そして自身の今後の目標は!?


Q:為末さんにとって、陸上競技の魅力とはなんですか?

為末:シンプルな競技で人間の身体能力の根本を競い合うようなところがある分、残酷な面もあります。「この選手は速く走るために生まれてきたんじゃないか」という選手もたくさんいて、生まれながらのポテンシャルの差がある。でも、そこを努力で何とかカバーしようとする選手もいる。そういう選手が一同に会して競い合っているっていうのが、陸上競技のおもしろいところだと思います。
また、ある意味“人類の身体能力の高い者たちの最高峰”というところが、すごく魅力に感じている点です。

Q:為末さんにとって400メートルハードルの魅力とは?

為末:ハードルの間は35メートルあり、その制限された間を走らなければならない。35メートルの間を何歩で走っても良いわけですから、選手によっては13歩だったり、14歩、15歩だったりする。でも走ってくると疲れて歩幅が出なくなるので、ある段階で歩数を増やしていかなければならないんです。制限が多い競技なだけに、クリエイティビティが発揮しやすい。サッカーが、手を使えないがゆえにクリエイティビティな競技になったのと一緒で、ハードルがあるがゆえに頭を使って想像力を発揮することが有効な競技になったというのが400メートルハードルに対する僕の印象。それが1番面白い点かなと思っています。
そして、ハードルに限って言えば、どんなに身体能力の高い選手でもハードルを上手く乗り越えられなければ、身体能力に劣る相手にも負けてしまう。ハードルというのは障害なんですが、僕らに色々なドラマを与えてくれる。それが魅力的かなと思います。

Q:今、為末さんは陸上競技を楽しんでいらっしゃいますか?

為末:そうですね。ある年齢から、いつ引退してもいいという気持ちでいて、いろんな世界を見てきたんですが、いまだに陸上競技よりも面白い世界は見つからずという感じです。行けるところまで現役でいたいと思っています。

Q:ダイヤモンドリーグの魅力とは?

為末:オリンピックや世界選手権は、非日常的なお祭りなんです。では、日常的に選手は何をやっているのかというと、ダイヤモンドリーグのような大会で戦っている。でも、これが日本ではあまり知られていないんですね。
僕が初めてこの世界に触れたのは23歳のときだったんですが、「こんな世界があるのか!」と思いました。世界大会の準決勝レベルが毎試合で、(100メートルで言うと)9秒台がポコポコ出る。「この世界に身を置きたい」という思いが強くてプロになり、ヨーロッパをずっと転戦していました。1度でもあの空気に触れたことがある選手は、憧れて止まない、あの一員になりたいと思う大会です。

Q:ヨーロッパやダイヤモンドリーグは選手と観客の距離も近いと聞きますが、会場の雰囲気はいかがですか?

為末:ダイヤモンドリーグは純粋に陸上競技を見せるための大会で、選手はその舞台の上でパフォーマンスをする存在。観ている側としてもすごく面白いんです。僕も、いつもレースが終わったあとには、観客席に回って見ていました。「日本でも放送されないかな」と思っていたので、「ついに来たか!」と感慨深い思いでいます。観客が見ていて面白いし、そういう空気だから選手も走っていて面白い。素晴らしい大会だと思いますね。

Q:今年はテグ世界選手権、来年はロンドン五輪を控え、全選手が本気になる年だと思うのですが、為末選手の注目する選手はいますか?

為末:やはりボルト。どれぐらいまで行くのか…。大きな身体で走っているので、崩れるときは崩れてしまうけれどそれをどう立て直してくるのかなという点や、そろそろ9秒6あたりで走るような若手が出てきて、対ボルト包囲網ができたときの対決なども面白いと思います。
そして、110メートルハードルのロブレス。中国の劉翔も復活してきたので、前世界記録保持者と現世界記録保持者の対決が楽しみ。400メートルハードルでは、アメリカ勢に対して僕も含め日本勢がこのダイヤモンドリーグの場で挑んでいけたらいいなと思っています。南アフリカの選手も強くなってきているので、誰が勝つか分からない2年間になるのではないでしょうか。僕もそのキャスティングの中の1人になりたいと思っています。

Q:為末さんにとってのこの2年間はどのように考えていらっしゃいますか?

為末:ロンドン五輪が僕にとっての大きな夢なので、オリンピックに向けてトレーニングをしていきたいです。そして、とにかく1つずつのレースを噛みしめながらやりたいなと思っています。もう1つ欲を言えば、もう1度ヨーロッパを回りたいという気持ちがすごく強い。ぜひこの2年間で挑戦し直して、世界の潮流に揉まれたいです。試合が増えたこともありますし、ダイヤモンドリーグにも出られたらいいですね。

Q:日本のファンは為末選手に期待していると思います。

為末:僕もそう願っています。若いときと同じハードルレースは作れないと思いますが、自分自身としても生まれ変わりっていうものをテーマに掲げていて、戻るのではなく新しい自分をもう1回作り直そうと思ってトレーニングをしているので、33歳なりのハードルレースをしたい。それが完成すれば、世界と渡り合えると思ってトレーニングしていますので、ぜひその姿を見せることができればいいなと思っています。


今年の8月には「世界陸上」も控え、盛り上がること間違いなしのダイヤモンドリーグ。世界のトップアスリートたちはもちろん、為末選手をはじめとした日本人選手たちの活躍にも期待したい。WOWOWでは5月22日(日)から全14大会の放送をスタートする。


■陸上ワールドツアー ダイヤモンドリーグ特設サイト
wowow.co.jp/diamond


◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆

<陸上ワールドツアー ダイヤモンドリーグ ラインナップ>
 第1戦 ドーハ 5月22日(日)よる6:00~ [192ch]
 第2戦 上海  5月29日(日)よる6:00~ [192ch]
 第3戦 ローマ 6月11日(土)深夜2:30
 第4戦 ユージーン 6月18日(土)深夜2:00
 第5戦 オスロ 6月25日(土)夜8:00
 第6戦 ニューヨーク 6月26日(日)夜11:45
 第7戦 ローザンヌ 7月16日(土)深夜2:00
 第8戦 パリ 7月26日(火)深夜1:15
 第9戦 バーミンガム 7月30日(日)深夜2:15
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社WOWOW >
  3. 世界最高峰の陸上競技シリーズ・ダイヤモンドリーグ放送直前、世界選手権男子400メートルハードル銅メダリストの為末大選手にインタビュー!