約200人が参加!学生と地元住民がロボットを使って日本海に面する海岸のごみ拾いを実施「海ごみゼロ!ロボットビーチクリーン」を開催しました!

2022年6月25日・26日 山口県下関市豊北町

海ごみゼロ維新プロジェクト実行委員会は、6月25日(土)・26日(日)に、下関市豊北町で下関市や福岡県、長崎県の学生、地元の親子連れ、小中高校生と一緒に、日本海に面した海岸のごみ拾いを行う「海ごみゼロ!ロボットビーチクリーン」を開催しました。
このイベントは、日本財団が推進する海洋ごみ対策事業「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で開催するものです。

 
  • イベント概要
・開催概要:未来を担う若者たちが地域と一体となって海岸清掃を行うことで、全員で海の未来を守っていこうという意識を創出する。また、ロボットを使用してごみ拾いを行うことで、人の手のみに頼らない、新たなごみ拾いモデルを確立する。
・日程:6月25日(土)・26日(日)
・開催場所:山口県下関市豊北町(25日:下関市豊北生涯学習センター/26日:阿川ほうせんぐり海浜公園)
・参加人数:約200人
・協力団体:一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会、下関市立大学、水産大学校、九州大学、九州工業大学、長崎大、下関北高校、豊北中学校、豊北小学校
 
  • 海の未来について考えよう!~学生100人が海の環境を考えるワークショップ開催~ 
6月26日の「海ごみゼロ!ロボットビーチクリーン」イベントに先立ち、前日には学生が主体となったワークショップを開催しました。学生たちは、これ以上ごみを海に出さないために、そして未来の海を守るために活発に意見を出し合っていました。
また、学生だけでなく水産大学校の嶋田陽一助教や地元で海の安全を守りながら、清掃活動などを行うNPO法人「コバルトブルー下関ライフセービングクラブ」の新名文博理事も参加し、海のごみの現状やどうすればきれいな海を守れるかを発信していました。

 
  • 参加者全員でビーチクリーン活動!人手だけに頼らずロボットも活用!
26日のビーチクリーン活動では、心配された雨も降らず、ビーチクリーン日和となりました。会場には、海洋ごみゼロを呼びかけるのぼり旗や看板を設置しました。
開会式を終えると参加者らは、海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUEのイメージカラーである「青い軍手」を着用し、火ばさみで漂着ごみやバーベキュー、花火のごみを次々に拾っていきました。
参加者らは、日差しが照りつける中、一生懸命にごみを拾い未来の海を守る使命を改めて感じているようでした。
また、今回のビーチクリーンで主役の一つとなったのがAIロボットです。
GPSで移動範囲がコントロールされたロボットは、拾い海岸で隅々まで行き、重い流木やブイを荷台のネットに入れて運んでいました。
ロボットを開発した学生チームは、ごみ拾いではなく、ごみ運びが意外と負担がかかるのでその負担を軽減するために今後も活躍できるように改良を進めていきたいと話していました。
子どもたちも普段目にすることの少ない、ごみを集めるロボットに興味津々の様子でした。


<団体概要>
団体名称:海ごみゼロ維新プロジェクト実行委員会
活動内容:山口県民に対して海洋ごみ問題を啓発し、問題意識の醸成を図るととともに、山口の豊かな海を未来に残すため、次世代を担う子どもたちや若者を中心に多くの人が海への関心を 高め、行動してもらうムーブメントを起こすことを目的に活動。

CHANGE FOR THE BLUE
国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。
産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信していきます。
https://uminohi.jp/umigomi/

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/





 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 海と日本プロジェクト広報事務局 >
  3. 約200人が参加!学生と地元住民がロボットを使って日本海に面する海岸のごみ拾いを実施「海ごみゼロ!ロボットビーチクリーン」を開催しました!