洗剤レス・排水再利用のコインランドリー「wash+ PRIME」の実証実験店舗にて ロボホンを活用した接客サービスを開始

ロボホンが、運転開始・終了のアナウンスや洗剤不要の洗濯のしくみなどを紹介

株式会社wash-plus(本社:千葉県浦安市、代表取締役:高梨 健太郎)とシャープ株式会社(本社:大阪府堺市、代表取締役社長:野村 勝明)は、wash-plusが、本年4月中旬以降にオープンするコインランドリーの実証実験店舗「wash+ PRIME」猫実(ねこざね)店にて、シャープのコミュニケーションロボット「RoBoHoN(ロボホン)」とタブレットを活用した接客サービスを開始します。

wash-plusは、洗剤を使わずアルカリイオン電解水のみで洗い上げる、環境や人へのやさしさを考えた洗剤レスのコインランドリー「wash+」を運営。全国に35店舗を展開しています。今般、洗剤レスに加え、洗濯に使用した水を特殊な装置で濾過し、排水を100%再利用する機能を付加した新しいスタイルのコインランドリー「wash+ PRIME」の実証実験店舗を、千葉県浦安市猫実にオープンします。

本実証実験店舗では、ロボホン2体とタブレット1台をランドリーの横に設置。1体のロボホンは4台の洗濯機と連動し、各洗濯機の運転開始や終了予定時刻のアナウンスに加え、終了時にはダンスパフォーマンスの接客サービスを行います。もう1体のロボホンはタブレットと連携。洗剤を使用せずに洗濯ができる「wash+」のしくみや、排水を濾過して再利用する特長など、お客様がタブレットから選択した項目について、ロボホンが音声で説明します。

無人営業でお客様との接点がつくりにくいコインランドリーでありながら、ロボットが接客し、楽しい雰囲気でおもてなしをすることで、お客様の店舗への理解や愛着を深めてまいります。拡大するコインランドリー市場において、wash-plusとシャープは、今後もロボホンやIoT技術を使った新たな接客スタイルを提案してまいります。
  
  ●「ロボホン」「Robohon」はシャープ株式会社の登録商標です。
  
 
※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
   ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
  https://corporate.jp.sharp/news/220406-a.html

【画像ダウンロードサービス】
  https://corporate.jp.sharp/press/p220406-a.html
  1. プレスリリース >
  2. シャープ >
  3. 洗剤レス・排水再利用のコインランドリー「wash+ PRIME」の実証実験店舗にて ロボホンを活用した接客サービスを開始