D2Cブランドと共創で取り組むデジタル基軸の新業態/西武渋谷店にメディア型OMOストアを出店

【概要】
■ストア名称:CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベース シブヤ)
■場所:西武渋谷店パーキング館1階  
■面積:約700㎡    
■オープン時期:2021年9月予定
■出品企業:約30社            
■扱い品目:洋品雑貨、衣料品、インテリア用品、化粧品など

 

株式会社そごう・西武(本社:東京都千代田区・代表取締役社長:林 拓二)は、2021年9月から百貨店業態では 初となるメディア型OMOストア(※)の展開を開始いたします。西武渋谷店パーキング館1Fをフルリニューアルしミレニアル世代やZ世代の支持を集めるD2Cブランドとの協業を通して新しい小売ビジネスの創出に努めてまいります。
ご来店いただいたお客さまには、没入感のある空間のなかで、オンラインとオフラインを融合した新しい購買体験をスマートフォンにて楽しんでいただけます。今回リアル店舗と同時にECサイトをオープン。オンラインで購入した商品を店頭で受け取れる販売形態をはじめとした、新しいショッピングサービスをご提案いたします。
一方、出店者の方々にも、さまざまなサービスを提供します。実店舗出店実績の少ないブランドさまでも、商品展示・販売接客業務の追加負担なく、簡単に出店いただける仕組みをご用意させていただきました。さらにAIカメラなど最先端のテクノロジーを活用し、テストマーケティングや商品企画、サービス改善にご活用いただけるデータ提供を行なってまいります。
そごう・西武はこうしたと取り組みを通じて、購買体験のデジタル化が進む中での新業態開発を進めて参りたいと考えます。
※OMOストア = 店頭とECで顧客・商品・在庫情報が統一されたストア形態

 

 

 
  • ストアコンセプト
ミレニアル世代やZ世代の方々の関心事である社会課題をテーマに設定し、テーマに寄り添った商品やブランドが編集されたストアをめざします。「モノ」に込められた想いや意味をオンライン・オフラインの双方で発信することで、お客さまとブランドをマッチングさせていただくのが私どもの役割です。テーマや商品は一定期間で入れ替わり、お客様にはいつご来店いただいても新しい出会いと学びのあるストア体験創出を目指しています。
 
  • 店頭とECの垣根を超えた自由なお買い物体験を提供
(店頭)
来店されたお客さまには、配布された店内専用Webカタログを通じて、お手持ちのスマートフォンでカート追加・お気に入り登録・決済などが可能。店頭決済は、完全キャッシュレスとなっており、スムーズな購買体験をお楽しみにいただけます。店頭では、スタッフを介さずともWebカタログを閲覧・活用することで、関心がある商品や製造背景の理解を深められ、スタッフと非接触で購買体験を完結することも可能。店頭決済後に持ち帰り、自宅配送も可能であり、多様なニーズに合わせた受け渡し手段をご用意。

 (EC)
店頭販売商品はすべて専用ECサイトで購入可能。ショールーミング展示など一部の商品を除き、店頭とECサイトの在庫情報はタイムラグなしで完全連携。ECサイトでの注文商品の店頭受取りBOPIS(Buy Online Pick-up In Store)にも対応。店頭では迷って購入できなかったお客さまでも、遠方で来店が難しいお客様でも、オンラインで新しいブランドや商品と出会える機会を創出いたします。
 
  • デジタル技術活用で出品者の業務負担軽減と有益なデータ提供を実現
出店者側の業務は販売商品のシステム登録とCHOOSEBASE SHIBUYAへの商品配送のみ。店頭およびECにおける陳列(VMD)、販促、在庫管理、販売売上管理などすべて当社が代行。店内業務オペレーションは最新のデジタルツールを活用することで効率化。実店舗出店にまつわる業務負担が軽くなることで、D2C専業事業者の方々を含めた幅広い出品者による魅力的なコンテンツ展開が見込めます。CHOOSEBASE SHIBUYA ではECサイトの訪問・購買データのみならず、AIカメラによる店内動画データや店内専用Webカタログの行動ログデータなどを収集・解析することより、オンライン・オフライン両方でお客さまの購買動向を把握。データは出品者ご自身が管理画面から随時閲覧可能に。最新のデジタルテクノロジーを活用することで、出品者に対して販促プロモーションはもちろん、テストマーケティングなど商品企画にも生かせる有益なデータを提供します。
 
  • 出品企業一例
①株式会社 FABRIC TOKYO/FABRIC TOKYO
“Fit Your Life”をブランドコンセプトに、体型だけでなく、お客さま一人一人の価値観やライフスタイルにフィットする、オーダーメイドのビジネスウェアを提供するブランド。
一度店舗で採寸すると体型データがクラウドに保存されるので、以降はオンラインからオーダーメイドの1着を気軽に注文することができます。リアル店舗も関東・関西・名古屋・福岡の合計14店舗を自社で展開。また、今回のオープンに合わせ、新しくレディースブランドもオープンする予定。

②株式会社 カンカク/TAILORED CAFE
専用のモバイルアプリと連動したOMO(Online Merges with Offline)型で完全キャッシュレスのカフェ。店頭注文のほか、アプリ上でドリンクやフードメニューを事前注文が可能。店舗の待ち時間や決済の手間もなく、丁寧に抽出するスペシャルティコーヒーをお楽しみいただけます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社そごう・西武 >
  3. D2Cブランドと共創で取り組むデジタル基軸の新業態/西武渋谷店にメディア型OMOストアを出店