【横浜市民ギャラリーあざみ野】企画展「中井菜央 雪の刻(とき)」と横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展「視る装置」を同時開催!「あざみ野フォト・アニュアル2022」1月29日(土)より開幕

横浜市民ギャラリーあざみ野(横浜市・青葉区)では、写真表現の現在を切りとる企画展と、収蔵する横浜市所蔵カメラ・写真コレクション約1万件を様々な切り口で紹介するコレクション展を「あざみ野フォト・アニュアル」として同時開催しています。
  •  雪国特有の重層的な「時間」の響きを捉えた初公開のシリーズ約50点を展示

企画展「中井菜央 雪の刻(とき)」
「あざみ野フォト・アニュアル 2022」企画展では、写真家・中井菜央の個展を開催します。中井は、雪をモチーフにしたシリーズを手掛けたいとの思いから、2015 年より毎冬 100 日を新潟県津南町で過ごして撮影を続けてきました。本展では、約 6 年間撮りためてきた複数のシリーズのうち、初公開となる「雪の刻(とき)」と題された、雪国特有の重層的な「時間」の響きを捉えたシリーズを紹介します。

豪雪地帯の「雪」と雪に律せられた「時間」に自らの身体を投じ、発見と記録に徹した写真家の近年の集大成ともいえる展覧会をぜひご覧ください。
あざみ野フォト・アニュアル 2022
企画展「 中井菜央 雪の刻(とき)」

【会  期】2022 年 1 月 29 日(土) - 2 月 27 日(日) 30 日間 10:00-18:00 会期中無休
【会  場】横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室1
【料  金】入場無料
【出品作家】中井菜央(なかい なお)
【主  催】横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
【助  成】公益財団法人朝日新聞文化財団
【協  力】株式会社シグマ、株式会社フレームマン、城西国際大学メディア学部、大佛次郎記念館

会期中の関連イベントなど詳細は当館ホームページをご覧ください。
https://artazamino.jp/event/azamino-photo-20220227/
 
  • 今年のコレ展はカメラが主役!カメラの歴史をテーマに約150点を紹介

横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展「視る装置 19~20世紀のカメラの変遷」

 

今年度のコレクション展は、カメラの歴史をテーマにコレクション約 150 点をご紹介します。本展では 19 ~ 20 世紀の各時代の特徴的なカメラや技術を革新したカメラ、同時代の写真、関連資料を通じて、「視る装置」としてのカメラの進化の過程や、写真表現に与えた影響を探ります。

カメラ・オブスクラ/製作者不詳/1790年頃カメラ・オブスクラ/製作者不詳/1790年頃

 

ドッペル・シュポルト/ユリウス・ノイブロンナー/1908年頃ドッペル・シュポルト/ユリウス・ノイブロンナー/1908年頃

 

 
あざみ野フォト・アニュアル 2022
横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展「視る装置 19~20世紀のカメラの変遷」

【会  期】2022 年 1 月 29 日(土) - 2 月 27 日(日) 30 日間 10:00-18:00 会期中無休
【会  場】横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室2
【料  金】入場無料
【主  催】横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
【協  力】日本カメラ博物館、城西国際大学メディア学部、大佛次郎記念館

会期中の関連イベントなど詳細は当館ホームページをご覧ください。
https://artazamino.jp/event/azamino-photo-20220227-collection/

 






 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団 >
  3. 【横浜市民ギャラリーあざみ野】企画展「中井菜央 雪の刻(とき)」と横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展「視る装置」を同時開催!「あざみ野フォト・アニュアル2022」1月29日(土)より開幕