『WIRED』日本版主催、WIRED CONFERENCE 2021「FUTURE : re-generative 未来を再生せよ!」

10月13日(水)から3日間オンライン開催!

未来を実装するテックカルチャー・メディア『WIRED』の日本版が主催する、年に1度の大型オンラインイヴェント「WIRED CONFERENCE」を今年も開催します。今年は、10月13日(水)、14日(木)、15日(金)の3日間を通し、「FUTURE : re-generative 未来を再生せよ!」というテーマに沿って、対話が繰り広げられます。

わたしたちは「未来」をコモンズ(共有資源)としていかに再生することができるのでしょうか。その可能性を「CITY」「NEW COMMONS」「SEFL+CARE」という3つの領域から思索すべく、今年もビジネス、アカデミア、行政、建築、アートなどあらゆる領域の豪華登壇者が集結します。最新撮影システムのもと生配信でインタラクティヴに展開する、かつてないオンラインカンファレンスをお見逃しなく!


■「WIRED CONFERENCE 2021 『FUTURE : re-generative 未来を再生せよ!』」
「リジェネラティヴな未来」とは何度でも繰り返し、未来を生成していく営為にほかならない。
未来という人類の共有地(コモンズ)を取り戻し、その生成と再生のための萌芽を見出す3-DAYSカンファレンス「WIRED CONFERENCE 2021」。

人類のあらゆる欲望を駆動する都市の未来=CITY
〈みんな〉のための新たなコモンズ=NEW COMMONS
〈わたし〉がよりよく生きるためのケア=SELF+CARE


都市という複雑系のなかで〈わたし〉 は〈みんな〉といかに「再生する未来」を手繰り寄せることができるのか。
多様なイノヴェイターが一堂に会し、予測不能な対話を繰り広げる3日間となる。

■編集長・松島倫明からのメッセージ ※一部抜粋
世界からアイデアを持ち寄り多様なテーマでセッションを重ねる3日間のカンファレンスというフォーマットにも意味がある。それは、未来をひとつに収束させないことだ。本年のテーマ「FUTURE : re-generative」の「リジェネラティヴ」には、再生という意味と同時に、「生成が何度も何度も繰り返される」というニュアンスを込めている。“正解”としての未来をひとつに決め、固定化し、それを後世に押し付けるのではなく、何度も何度も未来を再生するための知のツールをいくつも準備しておくことこそが、「善き先人」の役目だと思うからだ。
(中略)
今年のカンファレンスは、何度も繰り返し立ち現れるリジェネラティヴな未来の再生についてみなさんと探索する貴重な機会となるはずだ。『WIRED』日本版のサブスクリプションサーヴィス「SZメンバーシップ」の会員には、お得な3 daysチケットも用意している。残念ながら今年もオンライン開催のみとなったが、クリエイティヴ集団PARTYとタッグを組み、先進的な視聴体験も準備している。これを機会にぜひ『WIRED』の「Speculative Zone(実験区)」へお越しいただきたい。多くの方々のご参加をお待ちしている。

■各日プログラム内容・スピーカー
〈day 1「CITY」〉

いま、都市の意味が決定的に変わろうとしている。文化、経済、モビリティ、働き方や人とのつながり。来たるミラーワールド時代に向けて、あらゆる欲望を駆動する都市に人類は何を求めるのだろうか。雑誌『WIRED』日本版 VOL.41「NEW NEIGHBORHOOD 都市の未来とネイバーフッド」の可能性をさらに深化させ、いま提示すべき「再生される未来の都市像」を考える。

宮坂学/玉城絵美/宇川直宏/秋吉​浩気/永山祐子/馬場正尊/ジュリア・カセム/山崎亮 and more!

〈day 2「NEW COMMONS」〉
すべてが情報化され、接続され検索されシェアされる社会で、〈みんなのための共有資源〉を担保する信頼や自律的な合意形成はいかにして生まれるのか? 雑誌『WIRED』日本版 最新号VOL.42「NEW COMMONS コモンズと合意形成の未来」と連動し、ポスト民主主義からメタヴァースや地球資源まで、DXの本懐である「新たなコモンズ」の真価を問う。

ドミニク・チェン/関治之/小川さやか/池澤春菜/藤原謙/内田友紀/水野祐/大澤正彦/斎藤幸平 and more!

〈day 3「SELF+CARE」〉
これからの時代に必要な「リジェネラティヴな身体と心」とは、いかなるものなのだろうか。食やファッション、感覚、健康など、〈わたし〉という個の解像度を上げるテクノロジーの最先端から、再定義すべき「セルフケア」の現在地を照らし、その可能性を拡げる。

ケネス・ハップ・クロップ/平野啓一郎/磯野真穂/石川凜/藤原辰史/杉本亜美奈/長谷川愛/evala/諏訪綾子/荘子it/starRo and more!

■開催概要
日時:2021年10月13日(水)・10月14日(木)・10月15日(金)
(各日17:00~22:00・アーカイヴ視聴あり)
開催形式:オンライン開催
参加チケットhttps://wired-future-regenerative.peatix.com/
3 days|11,000円(税込)/ 学生割引|3,300円(税込)
1 day|5,500円(税込)
SZ membership|SZ Membershipにお申し込みいただいた方には、3 daysチケットの割引コードを配布中。
年割プランで 70% OFF、 月額プランで40% OFF!
特設サイトhttps://wired.jp/future-re-generative-2021/
主催:コンデナスト・ジャパン
企画・演出:PARTY/CyberAgent/CyberHuman Productions
協賛:NEC、Panasonic、THE NORTH FACE、富士通
お問い合わせ:wired-event@condenast.jp

■配信会場について
「WIRED CONFERENCE 2021」の舞台となるのは、最先端の撮影設備が揃うサイバーエージェントの「カムロ坂スタジオ」。巨大LEDウォールとLED照明技術を備える「LED STUDIO™」をメインステージに、多彩な議論が繰り広げられる。クリエイティヴ集団PARTYによる精細かつ精彩なCG背景空間で開催される、かつてないオンラインカンファレンスをお見逃しなく!

■ WIRED(ワイアード)
1993年に米国で創刊し、現在6 カ国/地域で展開する、世界で最も影響力のあるテックカルチャーメディア『WIRED』の日本版として、1994年にスタート(2011年からコンデナスト・ジャパンより)。現在、雑誌(年4回)、ウェブサイト、サブスクリプションサービス「SZ MEMBERSHIP」、イヴェント/カンファレンス、コンサルティングサービス「WIRED Sci-Fiプロトタイピング研究所」などを展開する。『WIRED』日本版は、テクノロジーの進化を通して、ライフスタイルからビジネス、カルチャー、エンターテインメントまで、その明確な未来へのインサイトを人々に提示し、イノヴェイターたちをインスパイアするメディアです。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. コンデナスト・ジャパン >
  3. 『WIRED』日本版主催、WIRED CONFERENCE 2021「FUTURE : re-generative 未来を再生せよ!」