アップルソース市場―製品別(従来型、オーガニック);組成別(スイーツ、無糖、フレーバー);包装別;アプリケーション別;エンドユーザー別;流通チャネル別-世界の産業需要分析と機会評価2019-2028年

Kenneth Researchは、アップルソース市場の予測評価を提供する調査レポートを2021年01月 28日 に発刊しました。これは、アップルソース市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10346741

世界のアップルソース市場は2019年に1492.34百万米ドルと評価され、2021-2028年の予測期間中に3.53%のCAGRで成長することにより、2028年末までに2006.30百万米ドルに達すると予想されています。

アップルソースとは、皮をむいたリンゴまたは皮をむいていないリンゴでできたソースのことです。これらは同じ国で輸出または生産されており、シナモン、イチゴなどの甘味料やフレーバーが追加された状態で市場で入手できます。無糖のアップルソースも世界中で入手できます。有機アップルソースは、北米およびヨーロッパの一部の先進国で広く使用されています。

世界のアップルソース市場は、食品業界でのアップルソースの利用の増加により成長すると予想され、アップルソースの消費に関連する健康上の利点に対する意識が高まっています。市場での新しいフレーバーで費用効果の高いアップルソース製品の入手可能性の増加、およびそのような食品のために実施されている研究開発活動の増加も、市場の成長を促進すると予想されます。

さらに、USDAによると、有機リンゴの生産も米国で増加しています。2016年には、米国の推定583の農場で、約521.3百万ポンドの認定有機リンゴが生産されました。現在、ワシントンは国内最大の有機リンゴ生産国です。

アップルソースに対する消費者の嗜好の高まり
リンゴの摂取による健康上の利点に関する消費者の意識の高まりにより、ジュース、ソース、フレーバー製品などのリンゴ製品の普及が促進されています。アップルソースには、下痢の治療に使用される食物繊維やペクチンとともに、大量のビタミンCが含まれています。さらに、世界のいくつかの国では、アップルソースはデザートとして提供されており、ケーキのベーキング、香料、甘味料としても広く使用されています。アップルソースには、心血管疾患、ガン、細胞の老化のリスクを軽減し、消化をさらに改善するなど、多くの健康上の利点があります。

市場トセグメンテーションの概要
アップルソース市場は、製品別(従来型およびオーガニック); 構成別;包装別(カップ、ポーチ、ジャー、缶など);アプリケーション別(食品および飲料、菓子、ベーカリー、離乳食およびその他);エンドユーザー別(住宅用および商業用)および流通チャネル別(オンラインおよびオフライン)などによって分割されます。

 構成セグメントによって成長ハイライト
世界のアップルソース市場は、構成に基づいて、甘味、無糖、フレーバーに分割されています。フレーバー組成物セグメントは、マンゴー、ストロベリー、シナモンなどにさらに細分化されています。シナモンセグメントは、2019年に148.89 百万米ドルの価値で45.12%の最大の市場シェアを記録しました。市場はさらに、予測期間中に4.07%のCAGRで成長することにより、2028年末までに209.77百万米ドルの価値に達すると予想されています。

市場主要企業
アップルソース市場における業界のリーダーはSeneca Foods Corporation, Nestle, Del Monte Foods, Inc., Tree Top, Inc., Burnette Foods, Inc., White House Foods, Santa Cruz Natural Incorporated, The J.M. Smucker Co., and Keurig Dr Pepper Incなどです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域に分割されています。

北米の市場は、予測期間中に最大の市場シェアを保持すると予測

北米の市場は、2019年に486.20百万米ドルの価値とともに、32.58%の最大のシェアを記録しました。さらに、予測期間中に3.67%のCAGRで成長することにより、2028年末までに661.68百万米ドルの価値に達すると予想されています。

この地域の市場は、主に米国やカナダなどの国々によって推進されています。米国はまた、世界で2番目に大きなリンゴの生産国になる予測されています。農業マーケティングリソースセンターの統計によると、国内には約7,500のリンゴ生産者がおり、年間約2億4,000万ブッシェルのリンゴを生産しています。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/global-apple-sauce-market-outlook/10346741

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. アップルソース市場―製品別(従来型、オーガニック);組成別(スイーツ、無糖、フレーバー);包装別;アプリケーション別;エンドユーザー別;流通チャネル別-世界の産業需要分析と機会評価2019-2028年