ラグビーワールドカップ2021ニュージーランド大会における報道用カメラ使用率でキヤノンがNo.1を達成

キヤノンは、ラグビーワールドカップ2021ニュージーランド大会(※1)の準決勝・3位決定戦・決勝の計4試合における報道用カメラ使用率調査において、プロフォトグラファーの使用率が約75%(※2)となり、No.1を達成しました。決定的瞬間を捉えるプロフォトグラファーを支え、大会の成功に貢献しました。

数多くの撮影で使用された「EOS R3」数多くの撮影で使用された「EOS R3」

決定的瞬間を狙うフォトグラファー決定的瞬間を狙うフォトグラファー

プロフォトグラファーの世界において、カメラメーカーには、先端技術や最高クラスの性能を備えた機材に加え、きめ細やかなサービスやサポートの提供などの「総合力」が求められています。

これまでキヤノンは、さまざまなスポーツイベントの舞台裏で、撮影機材のトラブルなどにより決定的瞬間を逃さないよう、プロフォトグラファーの業務を止めない「ゼロ・ダウンタイム」を提供すべく、カメラ・レンズのメンテナンスや技術サポートなどを通して、報道の現場を支えてきました。その結果、ラグビーワールドカップ2021ニュージーランド大会(第9回女子ワールドカップ)の準決勝・3位決定戦・決勝の計4試合における報道用カメラ使用率調査において、プロフォトグラファーの使用率が約75%となり、No.1を達成しました。

キヤノンは、これからもプロフォトグラファーから信頼されるサービス・サポートに取り組むと同時に、多くの方に親しまれる魅力的な製品を提供し続けることで、写真・映像文化の発展に貢献していきます。

<カメラサービスブースを利用しているプロフォトグラファーのコメント>

ゲッティイメージズ社 Greg Bowker氏
「EOS R3」や「EOS R5」、「EOS-1D X Mark III」などを手に、次々に行われるラグビーワールドカップ2021の試合を撮影しました。予測不可能なニュージーランドの環境においても、信頼あるキヤノンのカメラによって、どんな決定的瞬間でも自信をもって捉えることができました。

ロイター社 David Rowland氏
キヤノンのサポートは私にとって、とても大きな存在です。親身で知識豊富なキヤノンのスタッフは、センサーのクリーニングや、ワイヤレスファイルトランスミッターの設定などの手助けをしてくれました。そのおかげで、カメラからスムーズにロイターのデスクへファイルを送れるようになり、世界中のクライアントが画像を即座に利用することができました。

※1 新型コロナウイルス感染症の影響により、2021年に予定されていた大会が2022年に開催延期。
※2 計4試合の平均。キヤノン調べ。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノン株式会社 >
  3. ラグビーワールドカップ2021ニュージーランド大会における報道用カメラ使用率でキヤノンがNo.1を達成