NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の舞台 横浜市鶴見区で、官民学が連携し「ちむどんどん」横浜鶴見プロジェクト実行委員会を設立!

取組第1弾として、鶴見区の魅力を存分に詰め込んだ公式ロゴマーク及び公式SNSアカウントを作成しました。

令和4年度前期NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」において、横浜市鶴見区が舞台の一つとなりました。そこで、令和3年12月1日、横浜・鶴見沖縄県人会、商店街、自治会、大学、NPO法人及び企業が集まり、「ちむどんどん」横浜鶴見プロジェクト実行委員会が設立されました。今後は鶴見区の地域活性化を目的として各種事業を実施していきます。取組第1弾として、鶴見区の魅力を存分に詰め込んだ公式ロゴマーク及び公式SNSアカウントを作成しました。本ロゴマーク等を活用しながら、各種施策を実施・広報していきます。

 

 

【横浜市鶴見区がNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の舞台に!】
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/tsurumi/2021/20211202.html



■「ちむどんどん」横浜鶴見プロジェクト実行委員会とは
 横浜市鶴見区役所の呼びかけにより集まった、横浜・鶴見沖縄県人会、仲通り商店街 商和会、仲通3丁目自治会、横浜商科大学、NPO法人ABCジャパン、鶴見国際交流ラウンジ、株式会社タウンニュース社によって組織される団体。2021年12月1日に設立。

■実行委員会 公式ロゴマークに込めた想い


・「ちむどんどん」は沖縄の方言で、ちむ(肝=気持ち・心)が高鳴る様子を表す言葉です。横浜鶴見に来ると、胸が高鳴る、わくわくする、ドキドキする、そのような想いを「ちむどんどんするまち 横浜鶴見」という言葉で表現しました。
・多様な国籍の方が住み、様々な文化が共存する「多文化共生の最先端を走り続けるまち、鶴見」をカラフルな虹色を全体に使用することで、表現しました。
・沖縄文化を表すものとして、上部に「ち(i)むど(o)んどん」の口の形をしたシーサー、下部にエイサーの太鼓を使用しています。
・円の周りには南米文化を表すマラカスとサンバの飾り、JR鶴見線、大本山總持寺、鶴見つばさ橋、京浜臨海部を表す工場、鶴見区のマスコットキャラクター「ワッくん」を用いて表した銭湯を配置し、鶴見らしさをイラストによって表現しました。

■実行委員会公式SNS
Facebook: ちむどんどん横浜鶴見プロジェクト
Twitter :【公式】「ちむどんどん」横浜鶴見プロジェクト(@chimudontsurumi)
Youtube :【公式】「ちむどんどん」横浜鶴見プロジェクト
※YouTubeについては、近日中に公開します。

■実行委員会設立式の様子


【日時:12月1日(水)15:00~17:00 @鶴見沖縄県人会会館】
次の事項について、決定しました。
・実行委員会委員、規約 ・公式ロゴマーク
・公式Facebook、Twitter、YouTube
さらには、実行委員会と一緒に本活動を盛り上げるプロジェクトメンバーから取組案の発表等があり、全国的に横浜鶴見に注目が集まるこの機会を捉えた、地域一体の盛上げに関して、一致団結する場となりました。

■実行委員長 下里 優太 メッセージ(横浜・鶴見沖縄県人会 青年部事務局長)


 NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の放送に伴い、舞台の一つである、横浜市鶴見区に注目が集まる今、私たちが住むこのまちの魅力をより多くの方に知っていただきたいと考えています。「ちむどんどんするまち横浜鶴見」として、地域一体となって盛り上げていきますので、楽しみにしていてください!

※実行委員長等、関係者へのインタビューも可能ですので、もしご希望あれば、
 鶴見区区政推進課まで御連絡ください。

問合せ:鶴見区区政推進課 TEL:045-510-1675
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 横浜市 >
  3. NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の舞台 横浜市鶴見区で、官民学が連携し「ちむどんどん」横浜鶴見プロジェクト実行委員会を設立!