ボットサービス市場ーサービス別(フレームワークとプラットフォーム)、展開チャネル別、モード別、エンドユーザー業種別、および地域別ーグローバル予測2030年

SDKI Inc.が「ボットサービス市場ーグローバル予測2030年」の新調査レポートを2021年08月05日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-108780

ボットサービス市場は、2022年に1,783.9百万米ドルの市場価値から、2030年までに11,937.3百万米ドルに達すると推定され、予測期間中に31.2%のCAGRで成長すると予想されています。

ソーシャルメディアチャネル全体でのミレニアルの急増、およびボットエコシステムでの人工知能(AI)、自然言語処理(NLP)、機械学習、分析ツールの使用は、ボットサービス市場の成長を推進する主な要因です。さらに、エンドユーザーの間でのオンラインおよびインターネットベースのサービスの採用の増加は、市場の成長を促進すると予想されます。また、アウトソーシングされた高度な技術とソリューションのための産業部門への個人消費の増加も、この市場の成長を後押しします。しかし、ボットのデプロイメントプラットフォームへの依存は、ボットサービス市場の成長を妨げる可能性があります。

市場セグメント

ボットサービス市場は、サービス別(フレームワークとプラットフォーム)、展開チャネル別(Webサイト、コンタクトセンターとカスタマーサービス、ソーシャルメディア)、モード別(テキストとリッチメディア、オーディオ、ビデオ)、エンドユーザー業種別、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

ソーシャルメディアセグメントは、予測期間中にボットサービス市場で最高の成長率を記録すると予想されます。

展開チャネルに基づいて、ソーシャルメディアセグメントはボットサービス市場で急成長しているセグメントです。さまざまなソーシャルメディアプラットフォームの消費者は、前例のない速度で増加しています。ソーシャルメディアプラットフォームは、企業が顧客と対話するための簡単なコミュニケーションチャネルです。企業は、Facebook Messenger、Kik、Telegram、WeChat、Skype、Twitterなどのプラットフォームにボットサービスを広く実装して、顧客と関わり、さまざまなタスクにパーソナライズされたエクスペリエンスを提供しています。

地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋地域は、予測期間中にボットサービス市場で最高の成長率を目撃すると予想されます。この成長は、銀行、政府、旅行など、さまざまなエンドユーザーの業種でボットサービスの大規模な実装に起因しています。中国、インド、オーストラリア、および日本の企業は、顧客と対話するためにWebサイトおよびソーシャルメディアプラットフォームにボットサービスを展開しています。スマートフォンの普及、とソーシャルメディアユーザーの増加は、APAC地域のボットサービス市場の成長を推進した主な要因です。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
市場の主要なキープレーヤー

ボットサービス市場の主要なキープレーヤーには、Microsoft(米国)、IBM(米国)、Facebook(米国)、Google(米国)、Amazon Web Services(米国)、Nuance Communications(米国)、Aspect Software(米国)、Inbenta Technologies(米国)、Creative Virtual(英国) 、IPsoft(米国)、24/7 Customer(米国)、CogniCor Technologies(スペイン)、Astute Solutions(米国)、Gupshup(米国)、Next IT Corp.(米国)、Kore.ai(米国)、Rasa Technologies GmbH(ドイツ)などがあります。この調査には、ボットサービス市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/bot-services-market/108780

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. ボットサービス市場ーサービス別(フレームワークとプラットフォーム)、展開チャネル別、モード別、エンドユーザー業種別、および地域別ーグローバル予測2030年