都営バス職員の新型コロナウイルス感染症発症について

~新型コロナウイルスに関する東京都からのお知らせ~

〇感染した職員及び業務内容
・車両課自動車工場勤務 50代男性
・都営バスの車両整備

〇感染確認経緯
9月20日(日)週休
21日(月)自宅待機
22日(火)自宅待機、発熱(37度6分)
23日(水)自宅待機、発熱(37度3分)
24日(木)自宅待機
25日(金)自宅待機、下痢、PCR検査受検、陽性判明

〇通勤手段 公共交通機関(鉄道、バス)

〇対応状況等
・事務室、ロッカー室等の動線及び作業場は、9月24日(木)に清掃消毒済。
・濃厚接触者について
当該職員は車両整備業務に従事しており、お客様との接触はない。また、当工場では、職員はマスクを着用し、一定の距離をとるなどしており、濃厚接触の定義に当てはまる職員はいない。今後、保健所の指導を仰ぎ、適切に対応する。

〇当該自動車工場の業務について
上記の対応に加え、マスクの着用及び手指消毒の随時実施などの感染拡大防止策を実施しており、通常業務を継続している。

※ 感染について不安を感じる方は、「東京都新型コロナウイルス感染症電話相談窓口(新型コロナコールセンター)」0570-550571(午前9時から午後10時)にご相談ください。
※ 職員及び家族への人権尊重・個人情報保護に御理解と御配慮をお願いします。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京都 >
  3. 都営バス職員の新型コロナウイルス感染症発症について