ブルガリ ジュネーブ・ウォッチ・デイズ 2021にて「オクト ローマ セントラル トゥールビヨン パピヨン」を発表

蝶の羽ばたき

 

1羽の蝶が飛ぶことで、ヒラメキが生まれることがあります。新しい「オクト ローマ セントラル トゥールビヨン パピヨン」は、構造的には複雑ですが、時分は限りなくシンプルに読み取ることができます。

蝶の飛翔にインスパイアされたメタファーを思わせるこの機構は、針を支える円盤の上に2本の独立したひし形の針が配置されています。この針は動きながら格納される仕組みで、オート オルロジュリーの世界では他に類を見ません。それぞれの針は回転しながら、180度の半円状のミニッツトラックを交互に指し示します。12時の位置にあるジャンピングアワーの窓が時間を表示する一方、2本の分針が順番に分を表示します。1本目の針がミニッツトラックに沿って動き、分の進行を知らせる間2本目の針は円盤の上で向きを変え、格納された状態でミニッツトラックの反対側を半周します。1本目の針が55分の表示に到達すると、2本目の針が徐々に1/4回転し、1本目の針と平行な位置で00分を表示します。その後、1本目の針は次の針が55分を表示するまで格納された状態のまま移動します。ブルガリは、最も格調高い複雑機構のトゥールビヨンにこの特許取得済みのパピヨンを組み合わせました。
 

新しい「オクト ローマ セントラル トゥールビヨン パピヨン」 はこの高精度なメカニズムを時計の心臓部に組み込んでおり、12時の位置にある窓にはセラミックボールベアリングのディスクを用いた24時間のジャンピングアワーで時間が表示されます。「蝶」をイメージさせる2本の針の一方が60分を指すとディスクがジャンプして切り替わり、次の時間が窓に表示される仕組みです。
このパピヨンという仕組みのメリットは、従来の分表示に比べて消費電力が少なくパワーリザーブにも好影響を与える点にあります。このモデルの洗練された動作はマニュファクチュール ブルガリの熟練した時計職人が最高の伝統に基づいて完全に設計、組み立てを行った自動巻き、機械式のマニュファクチュール ムーブメント キャリバーBVL 332によって駆動しています。また、ローズゴールドの「オクト ローマ」 のケースの背面には、60時間のパワーリザーブ表示を備えています。

 


【製品概要】

品番      SAP103475
価格      14,806,000円 (税込、予価)
ケース       径 41mm、サテンポリッシュ仕上げのピンクゴールド製ケースとベゼル
        ピンクゴールド製リューズにブラックセラミックインサート、シースルーバックケース
ダイアル    ブラックマットダイアル、ピンクゴールド製パピヨンシステム
キャリバー   BVL 332フライングセントラルトゥールビヨン、機械式マニュファクチュールムーブメント
        手巻き、セントラルフライングトゥールビヨン、ジャンピングアワー、パピヨンミニッツ表示
        直径34mm、厚さ8.76mm
振動数     毎時21,600振動
パワーリザーブ 約60時間
ブレスレット  ブラックアリゲーター製ストラップ、ピンクゴールド製フォールディングバックル
防水性     50m防水
発売時期    2021年10月予定

お問い合わせ先:ブルガリ ジャパン 03-6362-0100  https://www.bulgari.com/ja-jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ブルガリ ジャパン株式会社 >
  3. ブルガリ ジュネーブ・ウォッチ・デイズ 2021にて「オクト ローマ セントラル トゥールビヨン パピヨン」を発表