アフターコロナの経営環境を事業再生の切り口から考える 令和3年度中小企業再生支援セミナーをオンラインで開催

独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構、所在地:東京都港区、理事長:豊永厚志)は、事業再生に関する課題解決のための知見・ノウハウ・経験の共有化を図ることを目的として、「中小企業再生支援セミナー」を令和3年11月30日にオンライン(YouTube限定配信)にて開催します。

今回の開催テーマは「アフターコロナにおける中小企業再生支援協議会の役割」とし、地域社会がワクチン接種等により感染収束と経済活動再開を期待しているところ、アフターコロナの経営環境を見据え、中小企業再生支援協議会に期待する役割や在り方等について有識者を交えて考えていきます。参加は無料、本日より募集開始します。

中小機構は、全国47都道府県に設置された「中小企業再生支援協議会」の更なる機能強化を図り、その活動を支援する「中小企業再生支援全国本部」の役割を担っています。毎年、事業再生に携わる方を対象に、地域経済を支える企業の事業再生について考える「中小企業再生支援セミナー」を開催しております。

■開催・募集概要
公開日:令和3年11月30日(火曜)
開催方法:オンライン(事前登録制)
参加費用:無料
詳細・応募方法:以下、中小機構ウェブサイトより登録
https://www.smrj.go.jp/supporter/revitalization/seminar/index.html
主催:独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小企業再生支援全国本部)
後援(予定):経済産業省中小企業庁
協力:事業再生研究機構、一般社団法人事業再生実務家協会、一般社団法人全国サービサー協会、全国事業再生・事業承継税理士ネットワーク、全国倒産処理弁護士ネットワーク、一般社団法人全国信用保証協会連合会

当日は第一部として、日本政策金融公庫から「アフターコロナの中小企業金融」を、中小企業庁から「中小企業金融政策の方向性」をテーマにご講演いただき、中小企業再生支援全国本部から基調報告を行います。
また第二部は、中小企業を支える金融機関や第一線で活躍する専門家に登壇いただき、パネルディスカッションを行います。
本セミナーへの参加申込は専用サイト〈https://krs.bz/smrj-hp/m/1158-p〉にて受付を行っています。

<中小企業再生支援協議会・経営改善支援センターとは>
国が全国47都道府県に設置した「中小企業再生支援協議会」は、財務上の問題を抱えているが、事業の収益性が見込め、事業再生意欲を持つ中小企業に対して、公平中立な立場で、守秘義務を厳守し、事業再生を支援しています。専門家による無料相談のほか、簡易な計画策定(経営改善計画)を支援するメニューも揃えています。また、事業の再生が困難な場合は、債務整理に向けた助言等も行っています。

<独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)>
中小機構は、事業の自律的発展や継続を目指す中小・小規模事業者・ベンチャー企業のイノベーションや地域経済の活性化を促進し、我が国経済の発展に貢献することを目的とする政策実施機関です。経営環境の変化に対応し持続的成長を目指す中小企業等の経営課題の解決に向け、直接的な伴走型支援、人材の育成、共済制度の運営、資金面での各種支援やビジネスチャンスの提供を行うとともに、関係する中小企業支援機関の支援力の向上に協力します。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 中小機構 >
  3. アフターコロナの経営環境を事業再生の切り口から考える 令和3年度中小企業再生支援セミナーをオンラインで開催