Amazon、多治見FCで一日職業体験プログラム「ジョブシャドウ」を実施

多治見北高校の生徒がAmazonの社員に同行して、実際の職業を体験

総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下Amazon)は、8月8日(水)、岐阜県立多治見北高等学校(以下、多治見北高校)の生徒15名を対象にした1日職業体験プログラム「ジョブシャドウ」を、アマゾン多治見フルフィルメントセンター(以下、多治見FC)にて実施しました。「ジョブシャドウ」は、AmazonのFCが地元の若者の未来を応援することを目的に2014年に多治見市で初めて実施し、今年で5回目の実施になります。2012年の多治見FC操業開始以来、多治見市と連携しながら地域での積極的な採用活動や地域安全への協力、地元産業の支援などの様々な取り組みを行っています。
「ジョブシャドウ」もこの一環で、若者の社会的適応力を育成する経済教育団体である公益社団法人 ジュニア・アチーブメント日本の協力の下、多治見北高校の生徒15名を対象に、全2回のプログラムを実施しました。
1回目の事前学習プログラムでは、学校にAmazonの従業員達を講師として迎え、Amazon のグローバルビジネスや従業員全員がリーダーとされる行動指針であるAmazonの「Our Leadership Principles」(以下、「OLP」)について講義しました。また過去にジョブシャドウに参加経験があり、現在NEXT FUTUREプログラムに参加している現役の大学生から、高校時代に頑張ったことなどアドバイスを受けました。さらにScience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)を学ぶSTEM教育の一環として、プログラミングソフトなどを使い最先端のテクノロジーであるAmazon Roboticsについて学びました。

また2回目のプログラムでは、多治見FCにて職業体験を実施。Amazon社員1名に対し生徒1名に数時間同行してもらい、お客様からのご注文を受けてから商品が発送されるまでの従業員の仕事に密着しました。また、お客様に最高のサービスをお届するための「カイゼン」や「安全」についての事例を学び、Amazonのグローバルビジネスを肌で体験してもらいました。さらに、多治見FCのサイトリーダーとの座談会では、「働くことに対する姿勢」や「グローバル企業で活躍する人材」などをテーマにディスカッションを行い、生徒たちは熱心に質問を投げかけていました。

今回の「ジョブシャドウ」に参加した生徒からは「AmazonのFCでは、安全を第一に考えて従業員の皆さんも常に安全のことを考えて行動しているのが印象的でした。」「”どんな職業に就くか”ではなく”どんなふうに働くか”が大切であることを学ぶことができました。毎年大人気の多治見FCでのジョブシャドウに参加できてよかったです。」などのコメントを聞くことができました。

 また多治見FCのサイトリーダーである松本 潤は次のようにコメントしました。
「今年も多治見FCでジョブシャドウを実施することができたことを嬉しく思います。お客様に最高のサービスをご提供するためのAmazonの様々なノウハウ、カイゼン、5Sの文化が、彼らの今後の生活に役立つことを信じています。地域の若者と交流し応援するこのような活動を今後も継続して行ってまいります。」

今後もAmazonは、多治見市に立地する企業として、地域の皆様とのコミュニティ活動の推進と、社員が誇働きやすい環境づくりに取り組んでまいります。

多治見FCでの「ジョブシャドウ」の様子多治見FCでの「ジョブシャドウ」の様子


 
  1. プレスリリース >
  2. アマゾンジャパン合同会社 >
  3. Amazon、多治見FCで一日職業体験プログラム「ジョブシャドウ」を実施