ベネッセのペット情報メディア「いぬのきもち」「ねこのきもち」が飼い主向け事業に加え、新たに動物病院支援事業第1弾を開始 動物病院の業務効率化・マーケティング支援ツール「ペットPASS」提供開始

新型コロナ影響下に院内の三密を避けたい動物病院とペットオーナー双方のニーズに応えるサービス

 株式会社ベネッセコーポレーション(代表取締役:小林仁、本社:岡山市 以下:ベネッセ)のペット情報メディア「いぬのきもち」「ねこのきもち」では、新サービス「ペットPASS」の提供を開始しました。「ペットPASS」はペットオーナーがスマートフォンで自宅などから病院の順番待ちができる診察券アプリです。同時に動物病院へはWEB管理画面を提供、受付業務を効率化し、再来院促進などのマーケティングにも活用が可能になります。
 本サービスを通じて、ペットと動物病院の距離を近づけ、獣医療へのアクセシビリティ(通いやすさ)を高めることで、ペットとその家族の健康で幸せな暮らしを実現していきます。

【動物病院の業務効率化・マーケティング支援ツール「ペットPASS」の概要】
「ペットPASS」が提供する機能は主に2つあります。
(1) 当日順番待ち受付と事前問診やカルテ作成業務の効率化
(2) ペットとオーナーデータ、来院履歴を蓄積し、病院からプッシュやメルマガをきめ細かく送信できるマーケティング支援(一部電子カルテ連携も対応)
※利用料金は7,000円/月(税抜)~。初期費用無し。無償期間3ヶ月有り。

 


●ペットPASSの開発、機能強化について
 「ペットPASS」の開発においては、本日、別報道資料にて業務提携を発表しております株式会社エデュワードプレス、株式会社エレファントピクチャーズとの連携で、各社の持つ動物病院向け、ペットオーナー向けのアセットとノウハウを活かして行ってきました。今後においても、動物病院業務を支援する様々な機能を追加していきます。近日中には、当日の順番待ち受付に加え、病院スタッフのシフト管理、および来院予約機能のリリースを予定しています。

【「ペットPASS」に関するお問い合わせについて】
1) サービス紹介ページ
ペットオーナー様向け>>>https://pet.benesse.ne.jp/petpass/
動物病院関係者様向け>>>https://pet.benesse.ne.jp/petpass_cl/
2)動物病院からのお問合せ先:petpass@mail.benesse.co.jp 

【アプリ開発の背景】
~コロナ環境下でペットオーナーの約2割が動物病院への通院を延期、もしくは中止~

 「いぬのきもち」「ねこのきもち」の2019年7月調査※1では、多くのペットオーナーには定期的に動物病院に行く習慣がありませんでした。その要因としてペットオーナーからは「料金が高い」(25.0%)に次いで「待ち時間が長い」(20.7%)という声が挙がりました。この背景には、動物病院が全科診療を基本としており病院スタッフが多忙であること、さらに小規模(獣医師1名)の病院が全体の65%(約7,600院)という経営環境があり、デジタルツール導入による運営の効率化が進みにくいことも考えられます。
 新型コロナ感染拡大の影響下にある2020年6月に行った調査※2では、「動物病院を受診することを延期したり中止したりした」というペットオーナーが20.9%いる状況でした。コロナ環境下においては、さらに動物病院に通いにくくなっている傾向が想像できます。
一方で、飼い犬・飼い猫の高齢化は進んでおり、ペットの健康管理はペットオーナーにとって重要な課題となってきています。
 「いぬのきもち」「ねこのきもち」では、ペットPASSを通じて、動物病院の来院のハードルを下げ、定期的に通いやすくすることで、ペットとその家族のより良い生活が実現できる環境づくりに貢献していきます。

※1 2019年7月実施のアンケート(パネル調査/n=1,198)
※2 2020年6月実施のアンケート(「いぬ・ねこのきもちWEB MAGAZINE」読者/n=4,298)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ベネッセホールディングス >
  3. ベネッセのペット情報メディア「いぬのきもち」「ねこのきもち」が飼い主向け事業に加え、新たに動物病院支援事業第1弾を開始 動物病院の業務効率化・マーケティング支援ツール「ペットPASS」提供開始