尾崎世界観の『小説トリッパー』対談連載がついに最終回! 最後のゲストは女優の尾野真千子

文芸誌『小説トリッパー』で連載中の、クリープパイプの尾崎世界観さんの「身のある話と、歯に詰まるワタシ」が、2019年12月18日に発売される冬号で最終回を迎えます。

ミュージシャン、作家として活躍するクリープハイプの尾崎世界観さんが「いま、もっとも気になる人」と対談を繰り広げる、朝日新聞出版の文芸誌『小説トリッパー』で連載中の「身のある話と、歯に詰まるワタシ」。加藤シゲアキさん、若林正恭さん、神田松之丞さん、最果タヒさん、金原ひとみさんと続いた連載の最終回を飾るのは女優・尾野真千子さん。作品の視点、男女について、演技論など、濃密な対談となりました。

<尾野真千子プロフィール>
1981年生まれ。1997年、16歳で映画「萌の朱雀」主演で女優デビュー。2011年NHK連続テレビ小説『カーネーション』のヒロインを演じる。ドラマ・映画の出演多数。2019年11月15日(金)全国ロードショー、横山秀夫原作の映画「影踏み」では、主人公・真壁修一(山崎まさよし)の幼馴染の恋人・久子を演じている。

<尾崎世界観プロフィール>
1984年、東京生まれ。2001年結成のロックバンド「クリープハイプ」のヴォーカル、ギター。12年、アルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビュー。16年に刊行された初小説『祐介』(文藝春秋)は、「アメトーーク!」で読書芸人大賞の一つに選ばれるなど、大きな話題となった。著書に『苦汁100%』(文藝春秋)、『泣きたくなるほど嬉しい日々に』(KADOKAWA)など。


小説トリッパー 2019年冬号
発売日:12月18日(水)
定価:1000円+税
https://www.amazon.co.jp/dp/B07ZWBMCNY
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社朝日新聞出版 >
  3. 尾崎世界観の『小説トリッパー』対談連載がついに最終回! 最後のゲストは女優の尾野真千子