3.11震災特別番組『また、次の季節へ~あの日から8年、今伝えたいこと~』―震災を風化させず、次の世代へとその記憶をつないでいくために―3月11日(月) 17時30分から生放送

株式会社ジェイコムイースト 仙台キャベツ局(J:COM仙台キャベツ、所在地:仙台市泉区、局長:田中 恒成)は、3.11震災特別番組『また、次の季節へ~あの日から8年、今伝えたいこと~』を、2019年3月11日(月)17時30分から19時まで、J:COMの全サービスエリアで放送する「J:COMテレビ」とJ:COM仙台キャベツのサービスエリア限定で放送する「J:COMチャンネル仙台」で同時生放送をいたします。また、J:COMが提供する地域情報アプリ「ど・ろーかる」でもライブ配信*を行いますので、スマートフォンやタブレットで、全国どこでもご視聴いただけます。
*通信料はお客さまのご負担となります。

 

番組では、東日本大震災から現在までの復興の足跡を振り返り、今なお続く支援活動や、地域再生に向けて取り組む地域の方々の思いをご紹介します。放送は、震災の被害や復興の記録などを伝える「せんだい3.11メモリアル交流館」(仙台市若林区)から、ゲストとともにお届けします。また、被災当時は小学生だった高校生たちが、先頭に立って、希望の明かりを灯す取り組み「キャンドルナイト2019」の開催会場からの生中継も交えてお伝えします。
震災の記憶を風化させないために、「J:COMテレビ」放送および地域情報アプリ「ど・ろーかる」の配信を通じて、東日本大震災から8年が経過した被災地の今を全国の皆さまに発信します。

J:COM仙台キャベツでは、震災直後から3ヶ月間の地域復興の取り組みを追った特別番組の放送をはじめ、毎年3月には被災地の復興状況や支援活動に尽力する方々を取材した番組を放送してまいりました。2017年からは、震災特別番組を「J:COMテレビ」で全国に放送しております。
放送を通じて、全国の皆さまの防災に対する意識を喚起するとともに、復興を支援し続け、地域の活性化に向けて貢献してまいります。


<番組概要> ※放送内容は、予告なく変更になる場合があります。
◆番組タイトル
3.11震災特別番組『また、次の季節へ~あの日から8年、今伝えたいこと~』
◆放送日時
2019年3月11日(月) 17時30分から19時
◆放送チャンネル
【全国編成】「J:COMテレビ」
<チャンネル番号>
札幌・仙台・関東エリア:10ch、関西・福岡・北九州エリア:12ch
下関エリア:111ch、熊本エリア:11ch
<視聴可能エリア>
全国のJ:COMサービスエリア
<視聴可能世帯>
13,807,000約世帯(2019年1月末時点)
【地域編成】「J:COMチャンネル仙台」
<チャンネル番号>
地デジ11ch
<視聴可能エリア>
J:COM仙台キャベツのサービスエリア
(仙台市青葉区・泉区・宮城野区・若林区、富谷市、大和町の一部、利府町の一部)
<視聴可能世帯>
約175,100世帯(2019年1月末時点)
・視聴可能エリアを確認するには
http://www.jcom.co.jp/area_search/
◆特設ホームページ
https://c.myjcom.jp/jch/p/shinsaitokuban2019/index.html

 
 <配信概要> ※配信内容は、予告なく変更になる場合があります。
◆配信日時
2019年3月11日(月)17時30分から19時
◆アプリ名
地域情報アプリ「ど・ろーかる」
◆アプリ価格
無料 ※通信料はお客さまのご負担となります。
◆インストール方法
Android 「Google Play ストア」 / iPhone  「App Store」にて「ど・ろーかる」で検索
《アプリ詳細、インストールはこちら》
http://c.myjcom.jp/rd/dolocal.html?cid=my_dolocal-004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. J:COM >
  3. 3.11震災特別番組『また、次の季節へ~あの日から8年、今伝えたいこと~』―震災を風化させず、次の世代へとその記憶をつないでいくために―3月11日(月) 17時30分から生放送