障害者の民間法定雇用率2.3%に拡大 パソナハートフル 全国企業の障害者雇用をオンライン支援『障害者雇用オンラインコンサルティングサービス』開始

株式会社パソナグループの特例子会社 株式会社パソナハートフル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 深澤旬子)は、全国の企業・事業所を対象に、障害者の雇用コンサルティングを通じて、障害特性の理解促進、雇用管理から定着化まで、企業の障害者雇用における悩み・課題解決をオンラインで支援する『障害者雇用オンラインコンサルティングサービス』を12月1日(火)から開始いたします。

2021年3月から民間企業の障害者雇用法定雇用率が2.2%から2.3%に引き上げられることを受け、企業にはさらなる障害者雇用に向けた対応が求められています。一方で、企業からは「障害雇用のノウハウがなく、どのような業務を任せられるのか分からない」「社内の障害理解がうまく進まない」「採用してもすぐに辞めてしまう」「社内に相談できる相手がいない」等の悩みの声が多く寄せられています。

この度パソナハートフルが開始する『障害者雇用オンラインコンサルティングサービス』では、全国の企業に対して、これまで1000社以上の障害者雇用を支援してきたパソナハートフルの支援員が、障害者の採用から定着に至るまで、各企業が抱える悩みや課題に応じて個別にオンラインで相談に対応し、継続的なサポートを行います。また、障害のある社員の業務遂行に役立つ支援ツール等の提供や、障害のある社員とのカウンセリングもオンラインで実施することが可能です。
パソナハートフルは本サービスを通じて、障害のある方々がそれぞれの才能・能力を活かして活躍できる社会の実現を目指すと共に、企業の障害者雇用の促進に寄与してまいります。

■ 『障害者雇用オンラインコンサルティングサービス』概要

開始日:

2020年12月1日(火) 

対象:

障害者を雇用している(雇用を検討している)全国の企業・事業所

内容:

これまで1000社以上の障害者雇用を支援してきたパソナハートフルの支援員が、障害者の採用から定着に至るまで、各企業が抱える悩みや課題に応じて、個別にオンラインで相談に対応、継続的なサポートを行う


【支援内容例】
障害者の採用・業務創出・雇用管理・指導方法や障害者特性・配慮事項・定着化に関する知識・ノウハウの提供/業務支援ツールの提供/障害のある社員のカウンセリング/他社の障害者雇用事例の提供/実際の障害者雇用現場(パソナハートフル)の動画視聴 等

料金: 

月額3万円(税抜き)

※本サービスの最低契約期間は6ヶ月からとなります
※月1回1時間程度のオンライン相談を実施
※イレギュラーの相談があった場合にも、上記料金の範囲内でお受けします


お問合せ:

株式会社パソナハートフル
E-mail tokyoeg@pasona-heartful.co.jp Tel 03-6734-1093

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パソナグループ >
  3. 障害者の民間法定雇用率2.3%に拡大 パソナハートフル 全国企業の障害者雇用をオンライン支援『障害者雇用オンラインコンサルティングサービス』開始