平塚市市制施行90周年記念街中クリーンアップや環境トークショー、水中パネル展を実施第70回湘南ひらつか七夕まつりを開催しました!

2022年7月8日~10日 【平塚市紅谷町周辺】

神奈川 守ろう!私達の綺麗な海 実行委員会は、7月8日~10日に、第70回湘南ひらつか七夕まつりにて
街中クリーンアップや環境トークショー、水中パネル展を実施しました。
このイベントは、日本財団が推進する海洋ごみ対策プロジェクト「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環です。

  • イベント概要
・開催概要 『第70回湘南ひらつか七夕まつり』
・日程   2022年7月8日(金)~10日(日)10時~19時
・開催場所 平塚市紅谷町周辺
・参加人数 約80万人
・協力団体 株式会社湘南平塚コミュニティ放送
 
  • 当日はステージでの環境トークショーを開催
このお祭りは、戦後商業振興策として開始したもので、活発な商業力に裏づけられた日本屈指の美しさを誇る、七夕飾りの豪華さに特色があります。約500本の絢爛豪華な飾りは迫力があり、「湘南スターモール」の通りを埋め尽くしました。
また、10(日)には平塚文化芸術ホールのステージにて、環境トークショーを開催。毎日ビーチクリーンのお話や、実際に拾ったごみのお話、ごみはどこからやってくるのか、ビーチクリーン参加への呼びかけなどをテーマに、「七夕なので、みんなで天の川をきれいにしましょう」という一言を交えながらトークを行いました。

 
  • 葉山の環境活動家・プロダイバー武本匡弘氏の水中パネル展
メイン会場ホワイエにて、現在の世界の海の様子をパネルにした写真展を開催。リゾート地でおなじみの海も、海中を覗いてみると様々な様子が映っていました。環境への意識を変えるきっかけになってほしいという想いが込められた武本氏の水中パネル展には、連日多くの人が足を止めていました。

 
  • 街中でのごみ拾い
街のクリーンアップとして期間中の会場には分別ごみのごみステーションを設置し、街中ごみ拾いを実施。「海を汚すこと、街を汚すことはカッコ悪いことだ」と、海洋ごみゼロを啓蒙しました。


<団体概要>
団体名称:神奈川 守ろう!私達の綺麗な海 実行委員会
URL  :https://kanagawa-mamorou.uminohi.jp/
活動内容:海を守ろう!~神奈川県民の意識を改革せよ~プロジェクト

CHANGE FOR THE BLUE
国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。
産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信していきます。
https://uminohi.jp/umigomi/

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 海と日本プロジェクト広報事務局 >
  3. 平塚市市制施行90周年記念街中クリーンアップや環境トークショー、水中パネル展を実施第70回湘南ひらつか七夕まつりを開催しました!