【国際調理製菓専門学校】ホテルと産学連携で地産地消を実践!新潟県内産のおいしい野菜を使った料理コンテストを開催。入賞レシピが地元ホテルでメニューとして登場。

NSGグループの『Food国際調理製菓専門学校』にて、2022年6月3日(金)に「第13回新潟県内産野菜料理コンテスト」が開催され、コンクール入賞レシピが7月24日~31日の期間、万代シルバーホテルで一般の方へも提供されました。

ホテルと生産者が主催となって、「地域食材」の活かし方、地産地消、食育学習の一環として毎年行うもので、今年で13回目となる産学連携コンテスト。
JA新潟市管内で収穫された新鮮なトマト・ナス・枝豆・ほうれん草等の素材を活かし、味だけでなく見た目や、
盛り付けにもこだわったレシピを学生が考案し参加しました。
万代シルバーホテルの料理長が審査員長となり、コンクール入賞レシピは7月24日~31日まで、万代シルバーホテルで一般の方へも提供されました。

【コンテスト概要】
■コンテスト内容:
シェフ学科(イタリアフランス料理・中国料理・日本料理コース)・健康給食学科・カフェ学科の学生が14チームにわかれ、新潟県内産野菜を使用したレシピを考案し、調理・提供をする。
発想性や食材の組み合わせ、味、ネーミングや調理中の技術などをプロ審査員が評価。


■開催日時
2022年6月3日(金)10時30分~森本シェフ講話「県産野菜、地産地消について」
11時15分~競技(調理)開始
13時00分~審査
15時00分終了予定
■会場:国際調理製菓専門学校 本館(新潟市中央区古町通6番町953-1)
■主催:万代シルバーホテル JA新潟市
■審査員長 :万代シルバーホテル総料理長 森本節生 様                 
■一般提供 :022年7月24日(日)~2022年7月31日(日)まで万代シルバーホテルにて


国際調理製菓専門学校
所在地:新潟市中央区古町通6番町953-1
学校長:石田 道子
学校HP:https://www.food-673.jp

<NSGグループについて> 
NSGグループは、教育事業と医療・福祉・介護事業を中核に、健康・スポーツや建設・不動産、食・農、商社、広告代理店、ICT、ホテル、アパレル、美容、人材サービス、エンタテイメント等の幅広い事業を展開する110法人で構成された企業グループです。それぞれの地域を「世界一豊かで幸せなまち」にすることを目指して、「人」「安心」「仕事」「魅力」をキーワードに、地域を活性化する事業の創造に民間の立場から取り組んでいます。

<NSGグループホームページ> https://www.nsg.gr.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NSGグループ >
  3. 【国際調理製菓専門学校】ホテルと産学連携で地産地消を実践!新潟県内産のおいしい野菜を使った料理コンテストを開催。入賞レシピが地元ホテルでメニューとして登場。