自然の涼を感じられるスポットをご紹介 この夏、マイクロツーリズムで丹沢・大山に行こう!

~穴場スポットで清らかな滝の水音や雄大な自然が織りなす絶景をお楽しみいただけます~

都心からのアクセスが良く、古くから信仰の山としても親しまれている大山。長引く新型コロナウイルス感染症の影響下において、比較的混雑を避けられる大山は気軽に自然を満喫できる穴場スポットです。今回は夏のお出かけにぴったりな、「自然の中で“涼”や“爽快感”を感じることができるスポット」をご紹介します。

阿夫利神社(下社)ライトアップ阿夫利神社(下社)ライトアップ

江戸の昔、大山詣りをする前に身を清めたと言われる滝は「大山六滝」と呼ばれ、今でも街道のそばにあるものから林道の草木をかき分けたどり着くものまであり、それぞれの滝に清らかさや歴史を感じることができます。また、「かながわの景勝50」に選定された大山山頂からの眺めは、よく晴れた日には秩父、多摩、筑波山までも一望し、雄大な景色と爽快感を堪能できます。阿夫利神社(下社)からの眺望は、ミシュラングリーンガイド二つ星を獲得しており、ケーブルカーを利用すれば普段着でもお気軽に絶景に出会えます。さらに、2021年8月11日(水)から8月15日(日)までは、期間限定で夜景運転も実施されているので夕涼みをしながらライトアップされた幻想的な夜景をご覧いただけます。

大山へのお出かけは丹沢・大山フリーパスが便利です。当社ではお客さまに安心してご利用いただけるよう、デジタルチケットの導入による非接触の取り組みを推進しています。また、期間限定の夜景運転にあわせて、小田急電鉄株式会社と株式会社エンジョイワークスが共同で進める「大山これから会議」では、大山の地元観光関連の方々をはじめ、伊勢原市内で事業をされている方など大山エリアの活性化に想いを持っていただける方々と魅力向上を目指しており、今回、夏の大山でこれまで生まれたアイデアを初めて実現させます。

■悠久の歴史を誇る大山六滝
 二重滝
岩によって二段に分かれた滝が流れています。「雨乞いの滝」とも呼ばれ、昔、良弁僧正が大山に登ったとき、この滝に竜神が現れたと言われています。阿夫利神社下社の茶店横から見晴台に続くハイキングコースの途中にあり、清涼感があります。


元滝
こま参道の最も高い場所にある旅館元瀧の庭にかかる珍しい滝です。滝の上に不動明王の石像があることから「不動滝」とも呼ばれていました。水の流れが穏やかで優雅な滝です


愛宕滝
良弁滝と並び、大山詣の参詣者たちが身を清めたとされています。あたごバス停から歩いてすぐにあり、昔の文化に想いを馳せることができる落ち着いた場所です。


八段滝
八大坊の墓のすぐ上方にあり、その名のごとく、巨大な石畳の上を大山川の清流が八段となって落下しています。
※現在は大山地区の水道の水源になっていて、立ち入ることはできません

良弁滝
滝の落ち口が竜頭になっています。大山寺を開山した755年、良弁僧正が最初に水行した滝と言われており、江戸時代には錦絵などの題材にもなりました。大山ケーブルバス停一つ前の良弁滝バス停から歩いてすぐにあります。


禊の大滝
バス通りから小田原道(大滝道)を少し入ったところにあります。岩を切り、滝としました。浮世絵などにも数多く登場します。少し急な沢沿いの林道を通るので足元に注意しながら進むと赤い鳥居の先に迫力ある滝の姿が見えてきます。夏はヤマビルに
注意が必要です。


■大山名水(湧水)
阿夫利神社内に地下から湧き出る水。
龍の口から神水が出ており、マイボトルをお持ちの方は無料でお持ち帰りいただけます。また、社務所にて水汲み用のペットボトルを販売しています。(神社の受付時間内のみ開放しています)


■景色
山頂からの景色
雨上がりや空気の澄んでいるときは相模平野から江の島、三浦半島、房総半島、東京都心の高層ビル群まで遠望できます。さらに、振り返れば丹沢表尾根から富士、箱根の連山、秩父多摩の山並みがつづき、東京近郊の山で隋一の眺望を誇っています。

下社からの景色
ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンにて二つ星で紹介された眺望です。標高約700mからの景色は雄大な相模湾の眺望を楽しむことができます。


■大山ケーブルカー
乗るだけで楽しいアトラクション。
2015年に全面リニューアルし、緑色の車体が急斜面を登り大山へのワクワク感が高まります。
運が良ければ大山のシカがお出迎えしてくれます。
2021年8月11日~13日の期間は9時~20時30分まで、14日、15日は8時30分~20時30分まで運転時間を拡大します。


■8月11日から15日までの特別企画(大山これから会議)
テントサウナ「雨降(あめふり)サウナ」の実施
大山名水と「大山こま」製造の際に出た端木を使用したテントサウナです。「旅館元瀧」敷地内にある「元滝」を水風呂としてご利用いただけることも魅力です。
ご利用は1回12,000円で貸し切りとなり、事前予約が必要です。
運営主体:旅館元瀧、株式会社KiUAS
日時:8月11日(水)~15日(日) 10:00~19:40
※事前予約により、うち100分ご利用いただけます
場所:旅館元瀧(伊勢原市大山664)
予約:下記URLにて予約することができます
URL:https://amefuri-sauna.peatix.com/

風鈴による装飾
大山・こま参道エリアに風鈴を装飾し、清涼感を演出します。
場所:神奈中バス「大山駅」バス停~こま参道~大山阿夫利神社下社内

■丹沢・大山フリーパスの紹介
小田急線(発駅から本厚木~渋沢まで)の往復乗車券が付いて、小田急線(本厚木~渋沢)、神奈川中央交通バスの指定区間と大山ケーブルカー(Aきっぷのみ)が乗り降り自由になるお得なきっぷです。さらに、周辺の23の観光施設・飲食店などでご提示いただくと、優待・割引料金が適用されます。5月15日から指定区間に伊勢原16系統(伊勢原駅北口~栗原)が追加され、三之宮比々多神社、保国寺等の寺社めぐりや、眺望が素晴らしい聖峰(ひじりみね)や高取山へのハイキング・登山など、より一層便利なご利用が可能となりました。
小田急電鉄ホームページ お得なきっぷ https://www.odakyu.jp/ticket/couponpass/
また、スマートフォンだけで購入から利用まで完結する「EMot」の電子チケット「デジタル丹沢・大山フリーパス」もおすすめです。
URL https://www.emot.jp

以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 小田急電鉄株式会社 >
  3. 自然の涼を感じられるスポットをご紹介 この夏、マイクロツーリズムで丹沢・大山に行こう!