乙武洋匡、大反響のnote連載が待望の書籍化! 「世間のフツー」を軽やかに問い直すLGBTQ小説『ヒゲとナプキン」を刊行します!

《僕たちは何を怖がり、何を守り生きているのか――改めて考えてほしいです》(りゅうちぇるさん)

愛のカタチはそれぞれだ!
女として育てられ、現在は男として生きるイツキ、28歳。勤務先の旅行会社には「過去」は告げていない。2歳上のパートナー女性、サトカはイツキを愛しつつも、出産への思いを募らせていく。職場、恋人、両親……。社会や家族と生身で向き合った先に、イツキは光を見出せるか――。
本作品は著者の乙武洋匡氏が、トランスジェンダー活動家の杉山文野氏(NPO法人「東京レインボープライド」共同代表理事)の協力を得て、ともに作り上げた小説だ。杉山氏は、乙武氏の古くからの知人であり、現在はLGBTQムーブメントの旗振り役でもある。著者は、あとがきで杉山氏についてこう綴る。
<長い時間をかけて、何度も話を聞かせてもらった。友人として知っていたつもりでいたことが、決してすべてではなかったことを思い知らされた。彼の苦悩は、友人にもそう簡単には吐露できないほど複雑で、深いものだった。だからこそ、この苦悩と、社会の仕組みの理不尽さを世間に伝えなければとの思いがより強くなった>600万部ベストセラー『五体不満足』で世間の「ふつう」を問い直した著者が、いま一番伝えたいLGBTQの物語。

乙武洋匡氏の古くからの友人であるトランスジェンダー活動家の杉山文野氏をモデルとした小説です。
装画は漫画家いくえみ綾さんによる描き下ろし!

 

乙武洋匡(おとたけ・ひろただ)
1976年東京都生まれ。98年、早稲田大学在学中に上梓した『五体不満足』は600万部のベストセラーに。卒業後、スポーツライター、小学校教諭などを務める。おもな著作に『だいじょうぶ3組』『自分を愛する力』『車輪の上』『ただいま、日本』など。noteにて定期購読マガジン「乙武洋匡の七転び八起き」を配信中。



『ヒゲとナプキン』
著:乙武洋匡 / 原案:杉山文野
2020年10月28日発売
定価:本体1,500円+税 四六判256ページ
小学館
https://www.shogakukan.co.jp/books/09386584
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社小学館 >
  3. 乙武洋匡、大反響のnote連載が待望の書籍化! 「世間のフツー」を軽やかに問い直すLGBTQ小説『ヒゲとナプキン」を刊行します!