SMAP解散、東京五輪、小池都知事……海外からはどう見える?/『ENGLISH JOURNAL』2017年2月号、1月6日発売

特集タイトルは「日本の論点」

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:安嶋 明、以下アルク)より、CD付き英語学習月刊誌『ENGLISH JOURNAL(イングリッシュ・ジャーナル)』(以下、EJ)2017年2月号のご案内を申し上げます。

▼特集
英米人の識者が語る

日本の論点
<英語インタビューで日本を知る!>
「2020東京五輪」「小池都知事」「SMAP解散」……。日本で話題のトピック6本について、英米の識者にたっぷり語ってもらいました。海外から日本がどう見られているかを英語で学び、トピックについて語る際に便利な英語表現も身に付けましょう。

 


▼EJインタビュー

エル・ファニング(俳優)
映像美とバイオレンスの衝撃作『ドライヴ』(2011)でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞したニコラス・ウィンディング・レフン監督が、新作『ネオン・デーモン』(’16)で、美を追い求めるモデル業界の光と闇を描きます。カンヌ国際映画祭で観衆を騒然とさせたこの問題作に主演したのは、『マレフィセント』(’14)で愛らしいオーロラ姫を演じていたエル・ファニング。本作のプレミア上映と高校卒業を同時期に迎えた彼女が、不安と自由の中で行われた撮影について、語ります。

●ウォーレン・クロマティ(元プロ野球選手)
1984年から’90年まで読売ジャイアンツに所属し、首位打者やMVPに輝くなどの大活躍で「ジャイアンツ史上最強の助っ人」と呼ばれ、大いに愛されたウォーレン・クロマティ氏。名選手として今も多くの人の記憶に残っているクロマティ氏が、2016年8月、宮城県石巻市で開催された、小学生のための野球の全国大会「MLBカップ2016」のために、来日しました。日米の野球について、そして、日本への思いと今後の夢について、熱く語ります。

●ルーシー・クラフト(ジャーナリスト、Fall Seven Times, Get Up Eight監督)
第二次世界大戦後、多くの日本人女性が、アメリカ人男性と結婚するため、いわゆる「戦争花嫁」として、アメリカに渡りました。長年、偏見にさらされ、歴史上見落とされる存在だった彼女たちに焦点を当てたのが、ドキュメンタリー映画の『七転び八起き―アメリカへ渡った戦争花嫁物語』です。3人の監督は皆アメリカ人ジャーナリストで、それぞれの母親が全員、「戦争花嫁」です。監督の一人、ルーシー・クラフトさんが、この映画を作った思いを、語ります。

▼特別企画
シネ曼荼羅~・ベイビー 特別版
『マグニフィセント・セブン』インタビュー

黒澤明の『七人の侍』(1954)と、そのハリウッド・リメーク版『荒野の七人』(’60)の2作を原案にした『マグニフィセント・セブン』。連載「シネ曼荼羅~・ベイビー」でご紹介した本作から、デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、イ・ビョンホンのインタビューをお届けします! 映画を観る前に、そして観た後にも、併せてお楽しみください。

★EJ電子版は、Amazon、楽天koboなど、電子書籍ストアにてお求めになれます。
★音声再生機能付き「定期購読アプリ」(旧Newsstandアプリ)は、App Storeにてお求めいただけます。

<商品情報>
【タイトル】『ENGLISH JOURNAL』2017年2月号
【URL】http://www.alc.co.jp/ej/
【価格】紙書籍版1,512円(本体1,400円)*CD1枚付き 電子書籍版1,200円(税込)
【サイズ】B5判
【雑誌コード】01625-02

<本件に関する報道関係者向けお問合せ先>
アルク 広報担当 河合(かわい)
e-mail:ko-ho@alc.co.jp
TEL: 03-3556-2711

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた出版社です。創刊から45年の『ENGLISH JOURNAL』など学習情報誌をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。
URL:http://www.alc.co.jp/
  1. プレスリリースTOP
  2. 株式会社アルク
  3. SMAP解散、東京五輪、小池都知事……海外からはどう見える?/『ENGLISH JOURNAL』2017年2月号、1月6日発売