TIS、ローカル5G無線局設置に向け商用局免許を申請

豊洲にローカル5G基地局を設置

TIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)は、ローカル5G基地局の商用局免許の取得に向けた準備を進めており、本日、総務省へローカル5G無線局免許取得の申請をしたことを発表します。
ローカル5Gは、通信事業者が提供する通信サービスとは別に、企業や自治体などが建物や敷地内といった特定エリアにおいて利用できる5Gネットワークです。ローカル5Gの導入にあたっては無線局免許の取得が必要となります。

 TISでは、今後本格的な社会実装が期待される5Gを活用した新サービス、新技術の検証・実証を行うため、2021年春に開設する豊洲オフィス(東京都江東区)にローカル5G基地局の設置を予定しています。高速大容量・低遅延・多接続といった5Gの本来の特性が活かせる環境として注目されているSub-6帯、SA(スタンドアロン)方式を採用し、5G/ローカル5GやAI、IoT、XRといった最新デジタル技術を活用した新サービス、ソリューションの研究開発・事業創出を支援するラボ施設の立ち上げも検討しています。

また、TISは東京都より5G技術を活用するスタートアップ企業を支援する「5G技術活用型開発等促進事業※」の開発プロモーターとして採択されており、5G/ローカル5Gを活用し、社会課題解決に取り組むスタートアップの技術支援や活動資金支援、ビジネスマッチング支援を行っています。本ラボでは、5G技術の実証スペースとして活用できる環境も提供する予定です。

TISは強みである「ペイメント」「AI・ロボティクス」「VR/AR(XR)」「データ分析」「プラットフォーム」などの技術と、5Gを活用して事業を創出したい企業や独自技術を持つスタートアップなどと共に、5Gを活用した新しいイノベーション、ビジネスの創出を目指します。

※5G技術活用型開発等促進事業は、スタートアップ企業などによる「新しい日常」に寄与する5G技術を活用したイノベーションの創出や新たなビジネスの確立を促進するための東京都の事業です。詳細は下記URLを参照ください。
URL: https://5g-boosters.tokyo/

TIS株式会社について(https://www.tis.co.jp/
TISインテックグループの TIS は、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型の IT ソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN 地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で 3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。

TISインテックグループについて
TISインテックグループはグループ社員約2万人が一体となって、強みを活かし、国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支えるITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。
 
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。


◆本取り組みに関するお問い合わせ先
TIS株式会社 ビジネスイノベーション事業部 ビジネスイノベーション第1部
TEL:03-5337-4566 E-mail:bin_sol@ml.tis.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TISインテックグループ >
  3. TIS、ローカル5G無線局設置に向け商用局免許を申請