タイム・マネジメントの常識を覆す不朽の名著 『明日できる仕事は今日やるな』発売

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(本社:東京都千代田区、取締役社長:谷口奈緒美)は2022年7月22日に『明日できる仕事は今日やるな マニャーナの法則【完全版】』(マーク・フォースター 著、青木高夫 訳)を刊行しました。

 
  • 本当に有効な時間管理術

仕事術やタイム・マネジメントの本を読んで、そこに紹介されている手法をやってみたものの、思いどおりの効果が得られなかったという経験はありませんか?

・TO DOリストにやることを書き出す
・仕事に優先順位をつける
・とにかく、すぐやる!

どれも、仕事術やタイム・マネジメントの本でよく紹介されており、ビジネスパーソンのタイム・マネジメントには必須の方法とされています。実際、こうした手法に取り組んでいる方は多いでしょう。
しかし、試してみたものの「こんなこと、僕には無理だ」「私には合わない」などと、結局は続かなかった方も多いのではないでしょうか。こうなってしまうと、せっかくのチャレンジも自己嫌悪が残るだけの結果に終わってしまいます。
 
  • 効果抜群のマニャーナの法則とは

本書で紹介する「マニャーナの法則」とは、「1日に発生する仕事を集めて、必ず次の日にやる」ことを基本とする仕事術です。「明日まで待てないほど緊急の仕事はない」という考えを根底に、常に仕事に1日分の“バッファー・ゾーン”を設けます。具体的には以下のステップで仕事を処理します。

ステップ1 今日、新たに発生した仕事を集めておく
ステップ2 仕事を類別する
ステップ3 類別した方針に従って、翌日まとめて処理する

時間管理術として有名な「ToDoリスト」や「優先順位づけ」、そしてできることは「すぐにやる」という考え方とは全く異なった仕事術です。
しかも、効果は抜群!これまでいろんなタイムマネジメントの本を読んで成果がでなかったビジネスパーソンにこそおすすめしたい1冊です。

 
  • 「時間管理術の最高の1冊!」と評されたロングセラーが、携書になって登場!

本書は、画期的なタイム・マネジメントの書としてイギリスでベストセラーになった「Do It Tomorrow」の翻訳版です。
日本では2007年に『マニャーナの法則』として発売。発売後反響を呼び、人気ブログ「シゴタノ! 」で「数ある時間管理術の本の中で、現在 最高の1冊!」と絶賛されました。そして、2016年に『仕事に追われない仕事術』のタイトルで「完全版」として復刊。
読者の方から、「本当に救われました!」「仕事への取り組み方が変わりました」とのご感想をたくさんいただきました。

本書は、この時間管理術不朽のロングセラーをハンディサイズにリニューアルしたものです。
 
  • 書籍概要
【目次】
《第1部:タイム・マネジメントの基本的考え方》
Chapter 01〝理性の脳〟と〝衝動の脳〟
Chapter 02問題はシステムで解決する
Chapter 03機能するシステム・7つの原則
Chapter 04「効率」=「創造力」×「整理」
Chapter 05 TO DOリストと優先順位の限界
Chapter 06「忙しいだけの仕事」を捨てる
Chapter 07 緊急の仕事を見分けよう
《第2部:マニャーナの法則》
Chapter 08 最強のマネジメント・ツール「クローズ・リスト」
Chapter 09 究極の仕事術「マニャーナの法則」
Chapter 10タスク・ダイアリーとデイリー・タスク
Chapter 11最優先の仕事をファースト・タスクにする
Chapter 12 WILL DOリスト vs TO DOリスト
《第3部:さらに優れたシステムへ》
Chapter 13大切な仕事の先送りをなくす
Chapter 14 ダッシュ法で圧倒的集中力を手に入れる
Chapter 15 ダッシュ法をカスタマイズする
Chapter 16プロジェクトをやり遂げる
Chapter 17仕事術を超えて達人の境地へ

【著者情報】
著者:マーク・フォースター Mark Forster
英国のビジネス・コーチ。主に企業幹部・個人事業主を対象に、仕事の能率に関する独自のコーチングを行う。本書の原書『Do It Tomorrow and Other Secrets of Time Management』は画期的なタイム・マネジメントの書としてベストセラーになった。

訳者:青木高夫 Takao Aoki
1956年 東京生まれ。青山学院大学卒。本田技研工業(株)にて海外勤務の後、総務部長、社長付などを務めたほか、経産省、経団連で専門課題の委員となる。独立後は、複数の企業でアドバイザーを務めつつ、専修大学大学院で教鞭を執る。2021年、同大学院で博士号(経済学)を取得。著書に『なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか』『日本国憲法はどう生まれたか』(以上、ディスカヴァー)『株主指向か公益指向か』(晃洋書房)など、翻訳書に『想定外』(ディスカヴァー)などがある。

【書籍情報】

タイトル:『明日できる仕事は今日やるな マニャーナの法則【完全版】』
発売日:2022年7月22日
刊行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
仕様:携書判/288ページ
ISBN:978-4-7993-2882-8
定価:1320円(税込)

【本書のご購入はこちら
Amazon  https://amzn.to/3c1hhru 
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/17185699/ 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン >
  3. タイム・マネジメントの常識を覆す不朽の名著 『明日できる仕事は今日やるな』発売