【ロフト】『文具会議2021』開催!メーカー&ロフトバイヤーが“推し文具”を語ります

文具のプロ達が絶賛する文房具が集合

株式会社ロフト(東京都渋谷区/代表取締役社長 安藤公基)では、2021年7月1日(木)より、全国のロフトにて文具のプロ達が”文具の今“への熱い思いを語る『文具会議2021』を開催します。文具メーカー12社が“自社のイチオシ文具”と、密かにすごいと感じる“他社のおすすめ文具”について語り、ロフトの文具バイヤー達は、今、それぞれのこだわりの“推し文具”を選び、好きな理由を語ります。それらを、座談会風に商品やPOPを交えて店頭で展開するほか、インスタグラム等でも紹介していきます。
海外でも定評ある日本の文具について、メーカーの垣根を超えた文具のプロ達による、“文具が好き“という思いや本音を語り合う座談会のような雰囲気を楽しむことができます。


文具会議2021】概要
開催期間:71日()95日()
■開催店舗:銀座ロフト、渋谷ロフトはじめ全国のロフト117店舗
 およびロフトネットストア(https://loft.omni7.jp/top)にて
■内容:文具メーカー&ロフト文具バイヤーがそれぞれ“推し文具”について熱く語る様子を 座談会風に商品やPOPを交えて店頭で紹介。各“推し文具“はその場で購入可能。
■文具会議メンバー:文具メーカー12社とロフトバイヤー5名
■展開商品数:203種類 ※展開規模は、店舗により異なります。
■商品例: ※価格はすべて税込み
①文具メーカーが選ぶ自社&他社のスゴい文具 
【“自社のイチオシ文具”】
メーカー担当者が自信を持っておすすめする自社のイチオシ文具を紹介。

●オレンズネロ(ぺんてる)・・・・・3,300円
技術開発力が結実。20以上の部品を手作業で組み立てる、大人気のシャープペンシル。
https://loft.omni7.jp/detail/4902506335708
 


●レトロ日記和紙フレークシール(古川紙工)・・・・・352円
クリームソーダなどレトロなイラストが懐かしい雰囲気で人気の和紙素材のフレークシール。
https://loft.omni7.jp/detail/4952270242672


●Ninipie(ニニピー)(サンスター文具)・・・・・220円
一つのペン先にマーカーとペンが付いており、持ち替えなくても勉強が捗るカラーペン。
https://loft.omni7.jp/detail/4901770622507


“他社のおすすめ文具”】
メーカー担当者が他社の文具ながら感動した文具を紹介。
<ニチバンが選ぶ>●フセンマーカー(カンミ堂)・・・・・528円
ラインマーカーのように引いて使う、ロールタイプの半透明フィルム付箋。特に学生にオススメしたい逸品。
https://loft.omni7.jp/detail/4522163035911


<キングジムが選ぶ>●はにさっく(ライオン事務器)・・・・・495円
愛らしい表情、個性的なポーズのはにわをモチーフにした指サック。見て癒される指サックという切り口に驚き。
https://loft.omni7.jp/detail/4903331259504


ロフトバイヤーが選ぶ‘’推し文具
ロフト文具バイヤー達が個人の目線で‘今’選ぶ“推し文具”を紹介。
<ノート担当バイヤーが選ぶ>●Sooofa (コクヨ)・・・・・748円~
https://loft.omni7.jp/detail/4901480367538

 


<筆記具担当バイヤーが選ぶ>●サラサR(ゼブラ)・・・・・110円
https://loft.omni7.jp/detail/4901681485420


<キャリングケース担当バイヤーが選ぶ>●ペン&ツールポーチ メッシュ(デザインフィル)・・・968円 ほか
https://loft.omni7.jp/detail/4902805533454


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<協力メーカー12社>※五十音順
キングジム/コクヨ/サンスター文具/デザインフィル(ミドリ)/ニチバン/パイロット/プラス/古川紙工/ぺんてる/マルマン/三菱鉛筆/リヒトラブ
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ロフト >
  3. 【ロフト】『文具会議2021』開催!メーカー&ロフトバイヤーが“推し文具”を語ります