【新潟農業・バイオ専門学校】「植物のある生活・花のある暮らし」を農業系専門学生が体験イベントで提案

NSGグループの学校法人 国際総合学園 新潟農業・バイオ専門学校(新潟県新潟市)は、リニューアルされた新潟駅の新観光施設「駅たびコンシェルジュ」で体験イベントブースを出展します。新潟市主催 にいがた2kmフラワーフェスタ内のイベントで、フラワーデザイン科の学生がブースを担当します。


新潟農業・バイオ専門学校のフラワーデザイン科は、文部科学大臣認定「職業実践専門課程」に認定されており、現場に即した実践的な技術を日々学んでいます。11月に開催される中央職業能力協会主催 技能五輪全国大会に7年連続で新潟県代表として出場することが決定しており、2月に開催された新潟県花き振興協議会主催 フラワーウェーブ新潟2022フラワーデザインコンテストで1位~3位を独占。同コンテストでの1位獲得は、3年連続と実績を更新しています。

当日は、苔や押し花を使ったインテリア雑貨制作体験を通じて、参加者に植物や花への興味・関心を深めてもらい、おうち時間の癒しを提案します。5月に行われたNST新潟総合テレビ主催 Urban Camp City in BANDAI 2022でも制作体験ブースを出展しており、地域活動に積極的に参加しています。

▼10月8日(土)
苔テラリウム制作体験①    10:00~  ② 11:00~  ③ 13:00~

▼10月9日(日)
押し花キャンドルホルダー制作体験
①    10:00~  ② 11:00~  ③ 13:00~
●体験料:お一人500円(税込)
※両日各回定員10名限定

<にいがた2kmフラワーフェスタ概要>
開催期間:2022年10月1日(土)~10月30日(日)
Webサイト:https://niigata-flower-festival.com/

新潟市は、新潟・万代・古町をつなぐ都心エリアを「にいがた2km」として掲げ、緑化重点地区に定めています。「にいがた2kmフラワーフェスタ」は、主要箇所を花と緑で装飾することで、うるおいのある空間を演出するとともに、緑化意識やまちづくりの参画意識を高め、来訪者へ都市の魅力を発信することを目的として開催されます。

<フラワーデザイン科>
新潟農業・バイオ専門学校の2年制学科で花卉生産、フラワーショップ、造園業など園芸分野に携わる人材を育成しています。現場とのつながりを最大限重視し、専門教育とともに社会人として必要なコミュニケーション能力やマナーなどの人間力教育も実施しています。
人材の育成、輩出から新潟県、広くは日本の園芸業界の発展を促すことが設置目的です。2年次から目指す職業により、フラワーコーディネートコースと植物・ガーデンデザインコースに分かれて、専門分野の知識と技術を身につけることができます。


■制作体験ブース実績
< Urban Camp City in BANDAI 2022>
開催期間:2022年5月3日(火・祝)~5月5日(木・祝) 
新潟市の中心部・万代シテイバスセンターの2階で子どもから大人まで幅広く楽しめるコンテンツが用意され、“アーバンアウトドア”の雰囲気を満喫できるアウトドアイベントとして開催されました。


学校法人国際総合学園 新潟農業・バイオ専門学校
所在地:新潟市中央区長潟2-1-4
TEL:025-368-7123  FAX:025-368-7124
URL:https://abio.jp/


<NSGグループについて>
NSGグループは、教育事業と医療・福祉・介護事業を中核に、健康・スポーツや建設・不動産、食・農、商社、広告代理店、ICT、ホテル、アパレル、美容、人材サービス、エンタテイメント等の幅広い事業を展開する110法人で構成された企業グループです。それぞれの地域を「世界一豊かで幸せなまち」にすることを目指して、「人」「安心」「仕事」「魅力」をキーワードに、地域を活性化する事業の創造に民間の立場から取り組んでいます。

<NSGグループホームページ>
https://www.nsg.gr.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NSGグループ >
  3. 【新潟農業・バイオ専門学校】「植物のある生活・花のある暮らし」を農業系専門学生が体験イベントで提案