2018年国内最大規模で展開・日本橋三越本店 「小松美羽展 ー大和力を、世界へ。ー」

■会期:2018年12月5日(水)~12月16日(日)※最終日は午後6時閉場 ■会場:日本橋三越本店 新館7階催物会場

<日出処に、王道は示される> 2018年カンバス アクリル ペン

日本橋三越本店では、12月5日(水)~16日(日)まで、新館7階催物会場にて「小松美羽展ー大和力を、世界へ。-」を開催いたします。
今アジアで最も嘱望される若手女性アーティスト、小松美羽。
今回は、「大和力を、世界へ。」をテーマに、22柱の神獣シリーズをはじめ、小松氏本人の「原点」である「死生観」を彷彿とさせる、白黒で描かれた山犬シリーズ、さまざまな動きのある10体の立体狛犬など、約100点を一堂に展示販売。
規模としては2018年国内最大規模、作品も新作を中心とした個展となります。強烈なタッチと色彩で構築される、小松 美羽の世界をぜひご堪能下さい。

小松 美羽展 スペシャルサイト
https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi/event_calendar/miwakomatsu.html
 

<小松 美羽氏・PROFILE>
1984年 長野県坂城町生まれ
2003年 女子美術短期大学 入学 銅版画の制作を開始
2012年 地元・長野県坂城町「鉄の展示館」で初の個展を開催
2014年 出雲大社に絵画「新・風土記」を奉納、拝殿に展示
同年   英国王立園芸協会主催の世界最大のガーデニングイベント「チェルシーフラワーショー」に石原和幸氏(園芸デザイナー)との共作で有田焼の狛犬作品を出品、受賞作が大英博物館へ収蔵される
2017年 ガーデンテラス紀尾井町での個展で3万人を動員

豊かな自然環境の中での、生き物たちとの触れ合い、その死を間近で看取る、という幼少期からの経験が、独自の死生観を形成。死の美しさを志向した表現へと至る。20歳の頃の作品「四十九日」は、際立つ技巧と作風で称賛され、プロへの道を切り開く。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 三越伊勢丹ホールディングス >
  3. 2018年国内最大規模で展開・日本橋三越本店 「小松美羽展 ー大和力を、世界へ。ー」