「ムーンショット型研究開発事業 新たな目標検討のためのビジョン公募」目標検討チームに採択


株式会社竹中工務店(社長:佐々木正人)、国立大学法人電気通信大学(学長:田野俊一)、Avanti R&D, Inc.(米国、CEO:湯浅剛)、TIS株式会社(代表取締役会長兼社長:桑野徹)、株式会社KDDI総合研究所(代表取締役所長:中村元)、エム・ティ・プランニング株式会社(代表取締役:土屋健一)の検討チームは、「柔軟で安心な「場」と多様な幸せのカタチを実現するFlexインフラに関する調査研究」に着手しました。
これは、JST(科学技術振興機構)で実施されていた「ムーンショット型研究開発事業の新たな目標検討のためのビジョン公募(ミレニア・プログラム)」に「人間知×機械知×自然知によるFlexインフラで、柔軟で安心な「場」と多様な幸せのカタチを」をキャッチフレーズとして応募し、採択されたものです。129件の応募に対して採択された21件中、民間企業の研究者がリーダーを努める唯一のチームとなります。採択された目標検討チームは、約6か月をかけて、将来の社会経済の課題やあるべき姿(ビジョン)について、さらに議論・調査を深め、目標の達成により実現したい2050年の社会像、目標達成に向けて取り組むべき課題、2050年の社会像からバックキャストした2030年の具体的な達成目標、目標達成に至るシナリオ、検証可能な目標達成基準などを明らかにした報告書を作成します。

検討チームでは、キャッチフレーズで示されるような、多様性が享受され災害にも動じず技術革新や社会変化にも柔軟に対応できる都市・まちを2050年の社会像として掲げ、その実現に必要な、建物等のハードとそれを制御するソフトやセンサーが連携する自律進化型基盤「Flexインフラ」を提案します。本研究調査では多様な価値観を俯瞰するためのアンケート調査や国内外の先進事例調査などを通じて、メンバーの各専門視点からこの社会像実現の技術的課題を検討します。
 


               【提案した2050年の社会像のイメージ】

■研究チームの構成
組織(チーム名:Flexインフラを考える会)

 

リーダー 今西 美音子(株式会社竹中工務店技術研究所 研究員)
サブリーダー 石垣 陽(電気通信大学 大学院情報理工学研究科 特任准教授)
メンバー 株式会社竹中工務店
国立大学法人電気通信大学
Avanti R&D Inc.(米国)
TIS株式会社
株式会社KDDI総合研究所
エム・ティ・プランニング株式会社



<参考>
1) 人間知
人が自然科学や社会科学を通じて得た知識・知能
2) 機械知
元はコンピューターを利用して人間知を再現した知識・知能からスタートした。近年では機械学習の発達により、与えられたデータの特徴を解釈することで人間知に寄らない知識・知能も獲得している。
3) Flexインフラ
人間知、機械知、自然知が融合した統合的な知能・知識をベースとしたハードウェア・ソフトウェアを実現するための社会基盤。様々な機能を実現するための柔軟性を持つプラットフォームのこと。

<関連リンク>
ムーンショット型研究開発事業|ミレニア・プログラム(JST)
https://www.jst.go.jp/moonshot/program/millennia.html

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TISインテックグループ >
  3. 「ムーンショット型研究開発事業 新たな目標検討のためのビジョン公募」目標検討チームに採択