バイオシミラー市場、2021年から2026年にかけて21%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「バイオシミラーの世界市場:業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会および予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を9月21日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc1006931-biosimilar-market-global-industry-trends-share.html


市場の概要
バイオシミラー市場は、2020年に77億米ドルの規模に達しました。この市場は、ブロックバスター生物学的製剤の特許切れ、低価格化、慢性疾患の増加、政府や第三者支払機関によるコスト削減の取り組みなど、さまざまな要因によって牽引されています。これらの要因により、2021年から2026年の間に市場は21%のCAGRで成長すると予想されています。
バイオシミラーとは、フォローオンバイオロジクスとも呼ばれ、基準となる生物学的製剤に極めて類似した生物学的製剤を指します。バイオシミラーは、生体や細胞を用いて製造され、複雑な分子構造を持っています。生物学的製剤の特許が切れると、メーカーはバイオシミラーの製造を開始するために規制当局の承認を必要とします。バイオシミラーと呼ばれるためには、生物学的製剤が品質、安全性、有効性の点で類似していることが証明される必要があります。ジェネリック医薬品と比較して、バイオシミラー医薬品は製造プロセスが複雑で、研究開発に多額の投資を必要とするため高価です。

市場の推進要因及び制約要因
長年にわたり、いくつかのブロックバスター生物学的製剤の特許が切れており、さらに今後数年間でいくつかのブロックバスター製剤が特許切れになると予想されています。このことは、近い将来、バイオシミラーメーカーにとって大きなチャンスとなることが予想されます。
また、政府や第三者機関によるコスト削減の取り組みにより、ブランドの生物製剤よりもバイオシミラーの使用が促進されており、バイオシミラーの需要が高まっています。
バイオシミラーの需要を促進するその他の要因としては、費用対効果の高さ、慢性疾患(自己免疫疾患や癌など)の罹患率の上昇、高齢者の増加などが挙げられます。
一方、バイオシミラー市場の成長を妨げる要因もあります。これには、医師からの否定的な認識、特許延長、低分子ジェネリック医薬品と比較した場合の価格差などがあります。

主要な市場区分
世界のバイオシミラー市場は、分子、適応症、製造タイプ、地域に基づいて分類されています。

分子別の市場構成
・インフリキシマブ
・インスリン グラルギン
・エポエチンアルファ
・エタネルセプト
・フィルグラスチム
・ソマトロピン
・リツキシマブ
・フォリトロピン・アルファ
現在、インフリキシマブが最大のシェアを占め、市場を支配しています。

適応症の市場構成
・自己免疫疾患
・血液疾患
・糖尿病
・腫瘍学
・成長障害
・女性不妊症
適応症別では、自己免疫疾患が市場全体の大半を占めています。

製造タイプ別の市場構成
・自社製造
・委託製造
市場は、製造のタイプによって、自社製造と受託製造に分けられます。その中でも、自社製造が市場シェアの大半を占めています。

地域別の市場構成
・アメリカ
・ドイツ
・フランス
・イタリア
・スペイン
・イギリス
・日本
・インド
・韓国
・その他

市場の競合状況
世界のバイオシミラー市場で活動している大手企業は以下の通りです。
・ノバルティス
・ファイザー
・テバ
・セルトリオン
・メルク・アンド・カンパニー
・サムスンバイオエピス
・イーライリリー
・バイオコン
・ドクター・レディーズ・ラボラトリーズ
・アムジェン
・ベーリンガーインゲルハイム



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1006931-biosimilar-market-global-industry-trends-share.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. バイオシミラー市場、2021年から2026年にかけて21%のCAGRで成長見込み