子育てしやすい沿線の実現に向け、小田急は走り出します!子育て応援ポリシーを定め、「こどもの笑顔をつくる子育てパートナー」であることを宣言

全国初!「小児IC運賃を全区間一律50円」として、子育て世代を応援

小田急電鉄株式会社(所在:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、2021年11月8日(月)、小田急沿線における子育て応援ポリシー「こどもの笑顔は未来を変える。Odakyuパートナー宣言」を策定しました。このメッセージの具現化に向けて、「小児IC運賃の低廉化」などの子育て世代応援施策に取り組みます。
 このポリシーは、子育てに想いを持つ社員を中心に取りまとめたもので、小田急線を中心に子育てしやすい沿線にしていく当社の想いを発信するものです。これまでも当社グループでは、お子さまの楽しさや学びにつながるイベントを多数実施してまいりましたが、こどもの笑顔をつくるパートナーとして「子育てしやすい沿線」を目指した取り組みを一層推進します。

 このポリシーを体現する抜本的施策となるのが、小児IC運賃の低廉化です。2022年春からICご利用時の小児運賃を小田急線内一律50円とします。分かりやすく、ご利用いただきやすい運賃体系とすることで、将来を担う小学生のお子さまのお出かけをより身近なものにします。なお、小児運賃(IC利用)を持続的に大人運賃の半額以下に一律低廉化するのは、全国の鉄道初の 取り組みです。
 また、本年5月に実施した「お子さまをお連れの方に安心してご利用いただける車両」の常設化に向けた検討をしているほか、駅へのベビーカーシェアリングサービスの本格導入を予定しています。さらに、ソフト面においても、社員が鉄道をテーマに、地域とも連携しながら行うイベントを定期的に開催します。なかでも、小学生のお子さまを1日100円で全線乗り放題とし、駅や駅に隣接するグループ商業施設などに会場を設け、電車での移動とともに1日を通じて楽しい時間がお過ごしいただけるイベントを開催します。詳しくは、本日発行のニュースリリース第21-G12号にてご確認ください。なお、子育て応援ナビ「FunFanおだきゅう」では、当社グループが主催するさまざまな親子向けコンテンツを一元化し、発信しています。

 当社は、これからも子育て世代の応援を通じて、少子高齢化という社会課題に鉄道会社ならではのアプローチを行い、暮らしの楽しさのご提供や子育てしやすい地域の実現に貢献します。また、本宣言に共感いただける企業や自治体などとの連携を深め、「子育てしやすい沿線」を目指してまいります。

子育て応援ポリシーロゴ子育て応援ポリシーロゴ

5月に実施した「お子さまをお連れの方に安心してご利用いただける車両」5月に実施した「お子さまをお連れの方に安心してご利用いただける車両」


 「子育て応援ポリシー」と「小児IC運賃の一律低廉定額化」の概要は、下記のとおりです。
 

 



1.子育て応援ポリシーの策定
  「こどもの笑顔は未来を変える。Odakyuパートナー宣言」
  ~小田急はこどもの笑顔をつくる子育てパートナーであることを宣言します~
  
  小田急は考えます。子育てはこどもが「育つ」手助けをすること。そして、手助けの繋がりが「子育てしやすい沿線」をつくり、そこで育つこどもの笑顔は私たちに明日へ向かう元気と希望を与えてくれると。

  だからこそ、あなたが「こどもの幸せ」を願い、「こどもを笑顔にしたい」と想うとき、小田急は共に考え、共に行動するパートナーでありたいと考えます。

2.小児IC運賃の一律低廉定額化
(1)実施時期 2022年春(予定)
(2)実施内容 小児用ICカードで小田急線利用時は、1乗車につき50円とします。
※ このほか、通学定期乗車券、フリーパスなどの企画券についても、一部を除き小児運賃・料金の改定を予定しております。
※ 本施策の詳細が決まりましたら、改めて公表させていただく予定です。
(3)問い合わせ 小田急お客さまセンター(ガイダンス4番/お問い合わせ・ご案内)
電話:044-299-8200(9:00~17:00)

以 上

 



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 小田急電鉄株式会社 >
  3. 子育てしやすい沿線の実現に向け、小田急は走り出します!子育て応援ポリシーを定め、「こどもの笑顔をつくる子育てパートナー」であることを宣言