口腔内潰瘍治療市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「口腔潰瘍治療の世界市場:業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会および予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を9月21日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc1006992-mouth-ulcer-treatment-market-global-industry.html


市場の概要
口腔内潰瘍治療市場は、2021年から2026年の間に約4%のCAGRで成長すると予測されています。口腔内潰瘍は、口の中にできる痛みを伴うただれです。口腔内潰瘍は痛みを伴い、飲食や歯磨きの際に不快な思いをすることがあります。不快ではありますが、ほとんどの口腔内潰瘍は無害であり、2、3日から2週間以内に自然に治ります。口腔内潰瘍は通常、円形または楕円形のただれで、口の中の頬、唇、舌にできます。口腔内潰瘍の色は、白、赤、黄色、または灰色で、腫れています。

口腔内潰瘍を引き起こす主な要因としては、ストレス、感染症、怪我、アレルギー、ジャンクフードやタバコの多量摂取などの不健康なライフスタイルなどが挙げられます。口腔内潰瘍の発生率の増加に伴い、口腔内潰瘍治療薬の市場も大きく成長しています。また、最新の治療法に対する意識の高まり、高齢者の増加、治りが早くて使いやすい製品の登場などの要因も、市場に好影響を与えています。

主要な市場区分
剤形に基づいて、口腔内潰瘍治療市場はジェル、スプレー、マウスウォッシュ、ロゼンジに分類されています。

薬効分類別では、コルチコステロイドが最大のセグメントを占めています。その他のセグメントには、麻酔薬、鎮痛剤、抗菌剤、抗ヒスタミン剤などがあります。

効能別では、アフタ性口腔内潰瘍、口腔扁平苔癬、その他に分類されています。

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。

市場の競合状況
口腔内潰瘍治療市場における主要な企業としては、Blistex社、Church & Dwight社、3M社、Colgate-Palmolive社、GlaxoSmithKline, Plc.社、Bristol Myers Squibb社、Pfizer社などが挙げられます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1006992-mouth-ulcer-treatment-market-global-industry.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. 口腔内潰瘍治療市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み