百貨店から未来のアーティストが生まれる。 大丸心斎橋店×ARTEE(アーティー) イラストコンテスト(第2回) 入賞作品発表

■2021年1月16日(土)→2月9日(火)■大丸心斎橋店本館外 大宝寺通り側コルトン ■2021年1月27日(水)→2月9日(火)■大丸心斎橋店本館9F レストスペース

昨年2020年11月13日(金)〜12月13日(日)の期間中、大丸心斎橋店は次世代アーティストの発掘を目的に株式会社ARTEEと一緒に「アーティストのためのデジタルプラットフォーム」を立ち上げイラストコンテストを開催しました。コンテスト参加(投稿)から人気投票までを特設サイト、大丸心斎橋店本館1階のデジタルサイネージを活用し、すべてデジタル上で実施。サイト訪問者、大丸心斎橋店来店のお客様に人気投票にご参加いただきました。
今回は多くの作品の中から投票で選ばれた作品、審査員特別賞作品を大丸心斎橋店の館内外を使って発表いたします。
百貨店として発表の場を提供することでアーティストの育成に貢献しながら新たな刺激・感動を提供したいと考えます。コロナ禍においても「アート」「イラスト」で希望を伝えたいという若手イラストレーターの熱い思いを感じてください。
<第2回イラストコンテスト>結果
●作品募集期間: 2020年11月13日(金)~12月13日(日)
●投票期間  : 2020年11月27日(金)~12月13日(日)
●募集テーマ   : SMILE  for SHINSAIBASHI 〜心斎橋に元気を〜
●投   稿   数   : 総応募数 約250点
●投 票 数   : 総投票数 約8500票
●応募者について:アーティスト志望、プロ志望の方など
●審査員ご協力:代々木アニメーション学院


   第1位「元気のエール」 Kanataさん



   第2位「SHINSAIBASHI PARADISE」  TSUYOSHI ARTMANさん



   第3位「ENJOY 心斎橋」  ranchoさん


 審査員特別賞 「Enjoy Shinsaibashi Life」  ミツキ・ラムさん


作品展示場所では入賞アーティストの受賞コメントも掲出いたします。ぜひご覧ください。

このイラストコンテストは百貨店とスタートアップ企業がタッグを組み、リアル店舗とデジタルを使った次世代の
アーティスト発掘企画です。特設サイトでも結果発表を発信中。
URL https://artee-jp.com/2020/12/17/daimaru-the2nd-results/

【参考】

<第2回イラストコンテスト>開催にあたっての思いプロジェクト担当は美術売場スタッフ (担当コメント)
今年は新型コロナウイルスの影響もあり、発表の機会を失ったアーティストの方も多いと思います。このコンテストは「デジタル」と「リアル」その両方から発信をするのが特徴です。自身の創作表現の発表の場としてぜひ選んでいただければ。

なぜ、百貨店がアーティスト育成に踏み出すのか?
百貨店の中での「アート」というと、敷居が高いと感じてしまう方もいらっしゃるかと思います。そんな方にも親しみやすくアートに触れて欲しい、アーティストの方を応援して欲しいという思いから企画しました。投票ボタンひとつでアーティストにエールを送ることができる。気軽に参加していただき、応援する、という体験をしていただき「アート」をより身近に感じていただけたらと思います。

株式会社ARTEE (アーティー)
中国銀⾏、⼭陽新聞社が主催、サンマルクホールディングスが特別協賛で開催した岡⼭イノべーションコンテスト2017で代表取締役の⼤⻄が学⽣部⾨で⼤賞を受賞しその後、シリコンバレー研修を経て、2018年の⼤学院在学中に創業したスタートアップ企業 。『アーティストの可能性を広げる』というミッションを掲げアーティストプラットフォーム運営やアーティスト⽀援サービス開発を⾏っている。

<第1回イラストコンテスト>結果
●作品募集期間: 2019年12月1日~31日  
●募集テーマ   :「大阪」
●投   稿   数   : 総応募数 約140点
●応募者について:関西圏の学生・アーティスト志望の方が多くを占める
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 大丸松坂屋百貨店 >
  3. 百貨店から未来のアーティストが生まれる。 大丸心斎橋店×ARTEE(アーティー) イラストコンテスト(第2回) 入賞作品発表