<重版決定>コロナでパズルブーム到来! 脳を鍛えて記憶力がよくなる『パズルで脳トレ 大人のドリル』

2020年7月17日 MOOK『パズルで脳トレ 大人のドリル』発売

株式会社世界文化社は、7月17日に発売した、「読解力」「記憶力」「集中力」「表現力」「情報処理能力」 5つの力を鍛える大人のパズルが100問収録された『パズルで脳トレ 大人のドリル』(https://www.amazon.co.jp/dp/4418201203/)の重版を決定しました。

【 コロナ禍にパズルブーム到来!!】

パズル関連書の売れ行きが好調です。新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、巣ごもり需要によって売れ行きが底上げ、2020年3~5月にかけて前年同月比2~3 割増の推移となっています。
 
  • 脳トレに最適!パズルで脳を刺激、活性化させましょう。

この本では「難しすぎないパズル」を掲載しています。楽しくスイスイ解くことで、脳が活性化され記憶力をはじめとする5つの力が鍛えられます。認知症の予防にもつながります。

<パズルで鍛えられる5つの「脳力」>
  1. 読解力
  2. 記憶力
  3. 集中力
  4. 表現力
  5. 情報処理能力

脳の神経細胞の数は、20歳を超えると少しずつ減少し、増えることはほとんどありません。でも、ご安心ください。神経細胞間の結合部分であるシナプスは、刺激によって増加し、刺激がないと減少していくという特徴があります。脳には“可朔性”があり、何歳になっても機能を回復できるのです。そのため脳トレでは、さまざまな脳領域を刺激してシナプスを増やすことが大切です。本書では、読解力、記憶力、集中力、表現力、情報処理力の5つの脳力ごとに脳を刺激するパズル100題を選定しました。各問題には、主にどの脳領域を使っているかを提示してあるので、「脳力」ごとに鍛えることができます。
 

監修/田渕英一(たぶち・えいいち)
1963年(昭和38)3月6日、岩手県生まれ。富山国際学園富山短期大学専攻科食物栄養専攻脳機能解析学教授、医師、医学博士。 1987年3月、富山医科薬科大学医学部卒業、1991年3月、同大学院医学研究科修了。以降、科学技術庁新技術事業団・研究員、フランス国立科学研究所研究員、富山医科薬科大学講師、助教授などを経て、2005年より現職。 著書に『ボケないための脳トレーニングドリル』(PHP研究所)、『脳鍛えるお絵描きドリル』(青春出版社)、『脳を鍛える ドリル&おもしろ解説』(北國新聞社)など多数。新聞・雑誌・テレビなどでわかりやすい脳の働きやトレーニング法を解説している。

 

 



【刊行概要】
『パズルで脳トレ 大人のドリル』
監修:田渕英一
■発売:2020年7月17日
■定価:800円+税
■発行:株式会社世界文化社
https://www.amazon.co.jp/dp/4418201203/

『パズルで脳トレ 大人のドリル』は、雑誌『わたし時間』から生まれました。
隔月刊行の『わたし時間』は、「歳を重ねても元気に自分らしく生きていきたい! 健康寿命を延ばしたい!」と願う人に向けた、心身の健康をサポートする情報誌です。公式HP:https://watashijikan.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社世界文化ホールディングス >
  3. <重版決定>コロナでパズルブーム到来! 脳を鍛えて記憶力がよくなる『パズルで脳トレ 大人のドリル』