「ダイアナ妃が愛した画家 ロバート・ハインデル展」大丸心斎橋店 アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

■2021年2月3日(水)→9日(火) ■大丸心斎橋店 本館8階 アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ

世界のバレエ団から公演前のリハーサルに招かれ、躍動するダンサーの一瞬の美と、内なる感情を描き「現代のドガ」と言われたロバート・ハインデル。 彼のコレクターには、故ダイアナ妃、故マーガレット王女をはじめ世界のセレブリティが名を連ねています。2005年の逝去後もテレビ東京「美の巨人たち」(2009年)、NHK「日曜美術館」(2015年)で紹介されるなど、今もなお注目を集めている画家です。没後15年の本展では、原画・版画40点の秀作に加えて、故ダイアナ妃所蔵の作品「Pas de Duex in Rehearsal」の版画もご紹介致します。ハインデルが一貫して描いてきたダンサーの心の揺らぎ、躍動の一瞬、そして崇高な精神性を是非ご覧ください。
タイトル:ダイアナ妃が愛した画家 ロバート・ハインデル展
会期:2021年2月3日(水)→9日(火)
※最終日、2月9日(火)は16時閉場
※最新の営業時間は大丸心斎橋店のホームページをご確認ください。
会場:大丸心斎橋店 本館8階
Artglorieux GALLERY OF OSAKA

 

    「Hidden thoughts」 56.5×39cm ジクレ 66部限定 税込220,000円

 

 「Pas de deux in Rehearsal」 51×51cm ジクレ 66部限定 税込275,000円

 

 「Continuous line」 44×58cm ジクレ 80部限定 税込264,000円


ロバート・ハインデル Robert Heindel

1938年 アメリカ、オハイオ州生まれ
1962年   アートスタジオに就職し、独学で絵画を学ぶ
1968年  『TIME』や『PLAYBOY』などの雑誌へイラストを寄稿
1982年   バレエ団をモチーフにした作品がハミルトン・キング賞受賞。
              イラストレーションからファイ ンアートへ転向。イギリス、オランダ、日本などで作品発表を行う
1986年   ミュージカル『キャッツ』や『オペラ座の怪人』を描く
2005年   66歳で死去
2012年   長崎県立美術館にて展覧会開催
【作品収蔵先】
国立肖像美術館(イギリス)、スミソニアン協会(アメリカ)など

アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ   Artglorieux GALLERY OF OSAKA
フランス語でart(アール)は芸術、glorieux(グロリュー)は輝かしい、栄光の、という意味。
時空を超えて、輝き続けるアートを発信いたします。
大丸心斎橋店本館で、心ふるえる素敵なアートとの出会いをお楽しみください。

アクセス:Osaka Metro御堂筋線心斎橋駅(南改札)より地下道直結
住所:〒542-8501大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1大丸心斎橋店 本館8階
TEL:06-6271-1231(代表)
HP:https://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/artglorieux/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 大丸松坂屋百貨店 >
  3. 「ダイアナ妃が愛した画家 ロバート・ハインデル展」大丸心斎橋店 アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ