よってらっしゃい、みてらっしゃい、闇芝居の時間ダヨ…最恐ホラーアニメ『闇芝居』 今夏、七期 放送決定!!蒸し暑くて寝苦しい令和の夜に、昭和の闇が迫りくる――

<©「闇芝居」製作委員会2019><©「闇芝居」製作委員会2019>

「闇芝居」とは…

身の回りの怪奇な都市伝説をテーマに、現代では珍しくなった“紙芝居”をデジタル表現で見せる昭和テイスト満載の新感覚ホラーショートアニメ。

2013年7月、「深夜に突然はじまる紙芝居ホラー」として、都市伝説的な反響を呼んだ『闇芝居』。
2014年7月には Jホラー界の巨匠らをゲスト監督に迎えて更なる恐怖演出を施した二期、
2016年1月には 100体を超える不気味なクリーチャー達による惨劇を描いた三期、
2017年1月には 語り手となる紙芝居屋のおじさんに13人の超個性派俳優を起用した四期、
2017年7月には 女性脚本家陣の手によって“女流ホラー”を確立した五期、
2018年7月には 自然現象を題材に独特な世界観を打ち出した六期を放送してきた。

そして、2019年7月、“閉ざされた空間”を舞台に新たな『闇芝居』が語られる。

—――あなたは、この空間に耐えられますか? 隣にいるのは、誰ですか?
 

<©「闇芝居」製作委員会2019><©「闇芝居」製作委員会2019>

声の出演者

紙芝居屋の“おじさん”は、津田寛治。馴染みある語り口で皆様を恐怖の世界へと誘います。

そして、全シリーズを通じて出演している俳優の村井良大をはじめ、
TV・舞台・バラエティで活躍中の俳優、吉村駿作篠田諒大赤見展彦(ナナフシギ)沢井正棋
アニメ・ライブ・舞台等で活動している、長谷川里桃堀越せな小珠ひかる西谷有機太田彩華
VTuberの七瀬大空、ベテラン俳優陣から中村久美和泉紗江中込佐和子安藤一夫らが参加します。
 

津田寛治津田寛治

村井良大村井良大

津田寛治コメント】

七年前、闇芝居おじさんの声をやらせて頂くにあたってパイロット版の動画を観せてもらったとき、見たことのない紙芝居のようなアニメーションで身の毛もよだつ怪談が語られていくテイストに、凄くワクワクしたのを覚えています。
僕の演じるおじさんは、子供好きのいい人に見えて、危険な匂いがプンプンする声でやってほしいといわれ、あんな感じになりました。自分でも気に入ってます(笑)。

ホラー×レトロ作品へ造詣深いクリエイター陣

脚本は、闇芝居シリーズを数多く手掛ける鬼才・熊本浩武、舞台演出家・佐々木充郭、女流怪談師・山口綾子、そして初参加となる劇作家・國吉咲貴といった個性派メンバーが担当します。

作画は、前作に引き続き、NHK『ゲゲゲの女房』『ひよっこ』劇中マンガを描いた海老原優、水木プロ出身で『リアル妖怪大図鑑』『もがりの首』などで知られる森野達弥、そして、漫画家・かねさだ雪緒、作画家・あ可よろしといった多彩な面々が担当します。

演出は、一期より制作を行うILCAが担当します。 

番組情報

闇芝居(七期)

【放送】テレビ東京にて2019年7月より放送開始予定  ※放送時間未定

【配信】アニメ見放題サービス「あにてれ」にて、地上波放送より1週間先駆けて配信予定
一期~六期は「あにてれ」他 多数動画サイトにて好評配信中 https://ch.ani.tv

【出演】
津田寛治

村井良大

吉村駿作
篠田諒
大赤見展彦(ナナフシギ)
沢井正棋

長谷川里桃
堀越せな
小珠ひかる
西谷有機
太田彩華
七瀬大空

中村久美
和泉紗江
中込佐和子
安藤一夫



【スタッフ】
演出:ILCA 杉本健一(DRAWIZ)
脚本:熊本浩武 佐々木充郭 山口綾子 國吉咲貴
作画:海老原優 森野達弥 かねさだ雪緒 あ可よろし
山口成哉 伊藤篤志(アクア) 金村沙耶(Integral Vision Graphics) 他

企画:山川典夫(テレビ東京) 岩﨑拓矢(ILCA)
プロデューサー:梅津智史(テレビ東京)  船田晃
エンディングテーマ:betcover!!「決壊」
制作協力:アイアンドエー DRAWIZ
制作:ILCA
製作:「闇芝居」製作委員会
番組公式HP:ani.tv/yamishibai7/

※記事作成、画像使用の際は、コピーライト表記として、<©「闇芝居」製作委員会2019>を併記ください。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. テレビ東京グループ >
  3. よってらっしゃい、みてらっしゃい、闇芝居の時間ダヨ…最恐ホラーアニメ『闇芝居』 今夏、七期 放送決定!!蒸し暑くて寝苦しい令和の夜に、昭和の闇が迫りくる――