ドラえもん、50周年イヤーのコミックス・関連本発行部数が1年間で驚異の500万部突破!!

映画「STAND BY ME ドラえもん2」大ヒット公開中!


 藤子・F・不二雄先生が小学館の学習雑誌で『ドラえもん』の連載をスタートして、今年で50周年。昨年11月27日発売の『ドラえもん』0巻の発売以来、小学館では数々の50周年記念出版物の刊行や、コミックス・関連書籍の書店フェアを実施して参りました。
 その結果、2019年12月~2020年11月の『ドラえもん』のコミックスおよび関連本の発行部数が、500万部を突破致しました(紙のみ、電子版を含まない)。このうち、原作まんがである、てんとう虫コミックス『ドラえもん』シリーズの、この1年間の発行部数は141万部超となり、特に目覚ましい数字を記録しています。

 その牽引役となった『ドラえもん』0巻は発売から1年間で累計63.1万部(紙のみ)を突破しました。また、『ドラえもん』全45巻も、重版に次ぐ重版を実施する状況が続いており、特に2020年3月には、コミックス第1巻の売上が一か月で1.1万部超に、単月実売数としては21世紀最大の売上を記録しました。また、『映画ドラえもん』シリーズのノベライズや、ドラえもんが登場する児童書、学習漫画なども軒並み絶好調の売れ行きが続いています。
 

 更に、上記数字には含まれませんが、12月1日に発売となる、てんとう虫コミックス『ドラえもん』の豪華愛蔵版セット「100年ドラえもん」は定価7万円+税という高額商品にもかかわらず、1万セットを大きく上回る受注をいただき、『ドラえもん』の本は空前の大ブームの状況が続いています。

 ブームのきっかけは『ドラえもん』0巻の大ヒットからでした。『ドラえもん』は合計6つの小学館学習雑誌・幼児誌の1970年1月号でスタートしました。0巻には、それぞれ対象年齢向けに描かれた、これら6種類の第1話と、藤子・F・不二雄先生が描いたドキュメンタリーまんが『ドラえもん誕生』を収録しています。「幻の第1話が6種類存在する」という事実のインパクトや、「0巻」という名称のキャッチーさ、てんとう虫コミックス『ドラえもん』シリーズのデザインフォーマットを踏襲していることなどから、発売前から多くの注目を集め、2度の発売前重版も実施。発売後には、特に40~50代の読者の方々に多く手に取っていただきました。かつて『ドラえもん』読者だった方々にも読まれたことが、ヒットに繋がったと分析しています。

 また、0巻の発売以降、全国の書店ではこの1年間で4度にわたっての「ドラえもんフェア」を実施して参りました。2020年2月からは、全国の書店で、0巻を含む『ドラえもん』のコミックス・関連書籍を購入すると、「ドラえもん なんてことないシールくじびき」に参加できるキャンペーンを実施。くじびき形式がSNSで大きな話題となり、全国の書店には『ドラえもん』ファンが殺到しました。

 加えて遠因として、3月からの全国一斉休校の影響もあり、児童向け書籍・コミックスの売上金額が伸びたことも挙げられます。この時期に、児童が学校に行けない中で、『ドラえもん』のコミックスや関連本が選ばれ、多く読まれたことも、この1年間の売上から読み取ることができます。

 現在も50周年イヤーは継続中で、映画『STAND BY ME ドラえもん2』が大ヒット公開中です。この映画公開に合わせ、全国書店では『ドラえもん』関連本を買うと、「ちょっとしたシールつき なんてことないティッシュくじびき」に参加できるキャンペーンを実施中です。
*この書店フェアのご案内は、こちらをご覧ください
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000918.000013640.html


 また、小学館からは50周年企画として、「映画ドラえもん」シリーズを網羅した『映画ドラえもん超全集』が11月25日に発売となったほか、12月1日には、のび太にフィーチャーした豪華付録満載の「てれびくん増刊 のび太くん」が、2021年2月には『ドラえもん』初の本格原画集『THE GENGA ART OF DORAEMON(仮称)』が発売となり、大型出版企画がまだまだ目白押しです。


小学館・ドラえもんルーム室長 松井聡より
「この一年は藤子・F・不二雄先生が描かれた『ドラえもん』の人気の凄さに改めて驚かされました。まさに日本一のまんがです。今後も『ドラえもん』の春の映画、そしてあっと驚く新企画の数々にご期待ください!」

 
ドラえもん公式サイト;ドラえもんチャンネル 
https://dora-world.com/

(c)藤子プロ・小学館   
(c)Fujiko Pro/2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社小学館 >
  3. ドラえもん、50周年イヤーのコミックス・関連本発行部数が1年間で驚異の500万部突破!!