《月刊誌『子供の科学』バックナンバー無料公開》臨時休校により自宅で過ごす小中学生のために、科学のチカラを身につけて冷静に立ち向かおう!

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、新型コロナウイルスによる影響を受けて、2020年3月5日(木)から1か月間、子供向け科学雑誌『子供の科学』のバックナンバー1年分、親子で読みたい「ウイルスについての正しい知識を身につけるための記事」などを無料公開しました。

『子供の科学』は、創刊96年目を迎えた小中学生向けの科学雑誌です。

生物、宇宙、テクノロジー、医療などさまざまな分野の第一線の研究者解説する科学記事で、多くの子供たち好奇心に応えています。今年3月2日には、子供に科学の楽しさを伝え続けてきたことが評価され、第54回吉川英治文化賞受賞しました。

このたび、本誌を発行する誠文堂新光社は、
突然の一斉休校により自宅で過ごす小中学生のための特設サイトオープンしました。

『子供の科学』無料公開特設サイト 
https://www.kodomonokagaku.com/20200305

上記サイトでは、『子供の科学』2019年1月号~12月号まで
1年分電子版バックナンバー無料で読むことができます。

本誌は2011年にも、東日本大震災による福島第一原発の事故を受けて、放射線や原発事故に関する記事無料公開しました。不確かな情報が拡散されて不安に陥るなか、子供たちに知ってもらいたい情報を提供したことで多くの反響が寄せられました。

あれから10年たった今新型コロナウイルスの感染拡大の不安から、科学的裏づけのない情報を拡散する状況が再び繰り返されています。


「編集部は子供たちに科学のおもしろさを伝えるとともに、偏った情報に振り回されず、科学の裏づけがある情報を見極めて、冷静に行動ができるようになってほしいと思っています」(土舘建太郎 編集長)


今回の無料公開をきっかけに、これまで『子供の科学』を読んだことがない小中学生も記事を目にすることで、この世界で起こるさまざまなことに「なぜ?」と疑問を持つこと、それを明らかにしていこうとする科学の力を感じてもらいたいと考えています。

 

『子供の科学』誌面には、たくさんの科学実験工作が登場します。
家でぜひ手を動かして、科学の原理確かめたり、おもしろいしくみの工作つくり上げたりしてみてください。

2020年4月から小学校必修化されるプログラミングの記事も充実しています。
新学年での新しい授業の準備としても活用できるでしょう。
 

また、姉妹誌である月刊誌『天文ガイド』2020年1月号も、あわせて無料公開します。
2020年注目の天体現象を特集しているので、今年の天体観測の計画を立てるのにぴったりです。


2019年から1年間のバックナンバーや『天文ガイド』に加えて、特集「ミクロの世界の脅威をあばくウイルスの正体」を掲載した『子供の科学』2016年12月号特別公開

ウイルスと人間の関係性を解説したこの記事は、さまざまな情報に正しく向き合うための基礎知識となるものです。そして、『子供の科学』2020年5月号(4月10日発売)では、新型コロナウイルスの特集記事が掲載予定です。

 

ぜひ親子で読んで、話し合って、正しい知識科学の力を身につけてみませんか。

 


【無料公開概要】
特設サイト:https://www.kodomonokagaku.com/20200305
無料公開期間:2020年3月5日(木)~4月5日(日)

公開スケジュール(予定)
●3月5日(木)~
『子供の科学』2019年1月号~4月号
『子供の科学』2016年12月号
●3月10日(火)~
『子供の科学』2019年5月号~8月号
『天文ガイド』2020年1月号
●3月17日(火)~
『子供の科学』2019年9月号~12月号

【雑誌概要】
雑誌名:『子供の科学』
仕 様:B5判、120ページ
通常定価:本体700円+税
発売日:毎月10日
公式サイト:https://www.kodomonokagaku.com

雑誌名:『天文ガイド』
仕 様:B5判、160ページ
通常定価:本体890円+税
発売日:毎月5日
公式サイト:https://www.seibundo-shinkosha.net/tenmon/

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:https://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社誠文堂新光社 >
  3. 《月刊誌『子供の科学』バックナンバー無料公開》臨時休校により自宅で過ごす小中学生のために、科学のチカラを身につけて冷静に立ち向かおう!