Amazon、インディーズ無料マンガ基金を継続、2019年1月から12月まで総額5,000万円をマンガ作家に分配

Amazonは本日、「インディーズ無料マンガ基金」の2019年度の継続を発表しました。「インディーズ無料マンガ基金」は、マンガ作家が自作の作品をKindleストア上に手軽に無料でセルフ出版できる「Kindleインディーズマンガ」が、2018年7月に開始したのと同時に創設されました。2019年1月から12月までに、2019年分として新たに総額5,000万円を用意し、作品の人気度に準じてマンガ作家に分配金を提供します。「インディーズ無料マンガ基金」、「Kindleインディーズマンガ」のいずれも日本独自のプログラムで、日本全国どこにいてもマンガを描いて出版したいという想いを抱くマンガ作家を応援するとともに、読者により多様なマンガ作品を提供できることを目指しています。

2018年は、7月に基金を開始してから12月までの約6か月間に、2,000万円以上が40以上の都道府県の数百人のマンガ作家に分配されました。「Kindleインディーズマンガ」をきっかけとして、新進気鋭のマンガ作家も生まれており、一般企業に勤めながら執筆活動を続けるマンガ作家、アイタローさんのその一人です。

アイタローさんは、2018年12月に『江戸時代の経済入門!』をKindleで公開し、プロのマンガ作家による作品を含めた数千作品が名を連ねる中、「Kindleマンガの売れ筋ランキング(無料)」で1位を獲得されました。

アイタローさんのコメント:
「Kindleで無料マンガを公開したことで、多くの読者に作品を知ってもらい、ランキングで1位を獲得できました。分配金をいただけることはもちろん嬉しいですが、これらの実績は私にとってお金以上に価値のあることです。出版のスタンダードが根底から変わる状況の中で、作家自身が発信力を持って活動していくには、このチャンスを利用しない手はないと思います」

アマゾンジャパン Kindle コンテンツ事業部 ディレクター エイミー ワースは、次のように述べています。
「このたび、インディーズ無料マンガ基金の延長を発表できることを大変嬉しく思います。今後も日本全国どこにいてもマンガを描いて出版したいという想いを抱くマンガ作家を応援し、Amazonを通してより多くの読者の方に作品を提供していただけるよう、サポートして参ります。」

アイタローさんのインタビューは、Amazon Day One Blogに掲載しています。以下URLをご覧ください。
https://blog.aboutamazon.jp/empowerment_kindle

Kindleインディーズマンガとインディーズ無料マンガ基金に関する詳細は下記URLをご覧ください。
https://kdp.amazon.co.jp/manga

Amazonについて
Amazonは4つの理念を指針としています。競合他社ではなくお客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。
 



 

 
  1. プレスリリース >
  2. アマゾンジャパン合同会社 >
  3. Amazon、インディーズ無料マンガ基金を継続、2019年1月から12月まで総額5,000万円をマンガ作家に分配