BOOK☆WALKER電子書籍ランキング2018発表!

『オーバーロード』、『この素晴らしい世界に祝福を!』を抑え、見事1位に輝いた作品は、TVアニメも放送中のあの話題作!

株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:安本洋一)は、「BOOK☆WALKER 電子書籍ランキング2018」を発表いたしました。

■『BOOK☆WALKER 電子書籍ランキング2018』特設サイト
https://bookwalker.jp/ex/feature/2018year_ranking/?adpcnt=7qM_Mn

本ランキングは総合電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」において、2017年11月1日から2018年10月31日までの期間内に発売された電子書籍の売り上げ実績を集計のうえ、総合ランキング、カテゴリランキングを決定したものです。

<BOOK☆WALKER 電子書籍ランキング2018>
・総合ランキングTOP10
1位『転生したらスライムだった件』
(講談社/月刊少年シリウス)マンガ
2位『オーバーロード』(KADOKAWA/エンターブレイン)ライトノベル
3位『この素晴らしい世界に祝福を!』(KADOKAWA/角川スニーカー文庫)ライトノベル
4位『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(SBクリエイティブ/GA文庫)ライトノベル
5位『ゴブリンスレイヤー』(スクウェア・エニックス/ビッグガンガンコミックス)マンガ
6位『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』(KADOKAWA/カドカワBOOKS)ライトノベル
7位『魔法科高校の劣等生』(KADOKAWA/電撃文庫)ライトノベル
8位『異世界迷宮でハーレムを』(KADOKAWA/角川コミックス・エース)マンガ
9位『転生したらスライムだった件』(マイクロマガジン社/GCノベルズ)ライトノベル
10位『ノーゲーム・ノーライフ』(KADOKAWA/MF文庫J)ライトノベル

数ある作品の中から総合ランキング1位に輝いたのは、マンガ『転生したらスライムだった件』(講談社/月刊少年シリウス)。9位にはライトノベル『転生したらスライムだった件』(マイクロマガジン社/GCノベルズ)がランクインしており、マンガとライトノベルで2作品同時ランクインという快挙を達成しました。現在TVアニメも絶賛放送中で、まさに2018年を代表する作品となりました。

総合2位は、7月からTV放送された第3期アニメの大ヒットも記憶に新しい『オーバーロード』(KADOKAWA/エンターブレイン)。2018年上半期ランキング3位から1つ順位を上げました。

そして、総合3位は『この素晴らしい世界に祝福を!』(KADOKAWA/角川スニーカー文庫)。2019年には劇場アニメの公開も控えており、長く愛される人気作品となりました。

8位には、『異世界迷宮でハーレムを』(KADOKAWA/角川コミックス・エース)といった話題作もランクイン。2019年大ヒット間違いなしの新しい作品を、この機会に手に取ってみてはいかがでしょうか。

なお特設サイトでは、総合ランキングに加えライトノベル、マンガ、小説、実用、TL、BL、R18、同人誌・個人出版などのカテゴリランキングも発表していますので、ぜひご覧ください。

 ​「BOOK☆WALKER」とは:
出版社直営の総合電子書籍ストアです。KADOKAWA、講談社、集英社、小学館をはじめとした、さまざまな出版社の人気の電子書籍を、スマートフォン・タブレット端末およびPCにてお楽しみいただけます。
今後も作品ラインナップの充実とともに、出版社直営の総合電子書籍ストアとして、新しい読書スタイル、より良いサービスの提供を目指してまいります。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ブックウォーカー >
  3. BOOK☆WALKER電子書籍ランキング2018発表!