トランスコスモス、タイムシェア型の広告・Webサイト運用サービス「バーチャルオンサイトサービス」を提供開始

時間単位・リモートでの運用サービス提供で、品質はそのままにコスト効率の向上を実現

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)は、広告やWebサイト運用などのデジタルマーケティングサービスを、時間単位およびリモート(トランスコスモス拠点・在宅)で提供するバーチャルオンサイトサービスの提供を開始しました。これまでお客様企業内に常駐して提供してきた運用サービスの品質はそのままに、コストの効率化を実現します。

統合型デジタルマーケティングへの戦略的取り組みが、幅広い業界のエンタープライズ企業を中心に推進されています。トランスコスモスはこのような要望に対して、年間600社のお客様企業に約2300人体制で広告やWebサイトの運用サービスを提供してきました。幅広い業界の、さまざまな運用を支援することで蓄積されたノウハウや、ニアショア/オフショア拠点を活用した効率化は、高い評価を得ています。
一方、激変する社会環境、ビジネス環境への対応として、さらなるフレキシビリティおよびコスト効率の向上が求められています。また、「働き方改革」などを端緒に自動化・リモート化が推進されており、新たな形の効率化が求められています。
このようなビジネス環境の変化、お客様企業の要望に応えるため、トランスコスモスは従来の常駐・専任型運用サービスの品質はそのままに、運用コストの効率化が可能となるバーチャルオンサイトサービスの提供を開始しました。バーチャルオンサイトサービスは、これまでお客様企業に常駐で提供していたオンサイトのディレクション業務を、時間単位にてリモート(トランスコスモスの拠点および在宅)で提供するサービスです。

主な特長は以下のとおりです。
1. リモートにて時間単位で業界知見豊富なディレクターを活用できるため、コスト効率向上が可能
2. 業務を担当するのはこれまで同様に専任のディレクターなので、常駐型サービスの提供品質・安定性・安心感はそのまま
3. 広告運用からWebサイト運用まで、一貫して対応が可能
4. トランスコスモスが蓄積した幅広い運用ノウハウをコスト効率高くご利用可能
5. トランスコスモスのグローバル拠点を活用したサービス提供が可能

■サービス提供イメージ

トランスコスモスは国内・海外における複数拠点運用の実績を活かし、バーチャルオンサイトサービスを提供します。Web会議やチャットなどのコミュニケーションツールもトランスコスモスが用意し、これまでの常駐型運用サービスと変わらないコミュニケーション環境を構築します。
災害や感染症などによりBCP対応がこれまで以上に必要とされています。トランスコスモスではより柔軟なサービス提供体制を構築し、業務継続が可能な環境整備を目指していきます。

※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です

(トランスコスモス株式会社について)
トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。現在では、お客様企業のビジネスプロセスをコスト最適化と売上拡大の両面から支援するサービスを、アジアを中心に世界30の国と地域・171の拠点で、オペレーショナル・エクセレンスを追求し、提供しています。また、世界規模でのEC市場の拡大にあわせ、お客様企業の優良な商品・サービスを世界48の国と地域の消費者にお届けするグローバルECワンストップサービスを提供しています。トランスコスモスは事業環境の変化に対応し、デジタル技術の活用でお客様企業の変革を支援する「Global Digital Transformation Partner」を目指しています。(URL: https://www.trans-cosmos.co.jp)

 
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. トランスコスモス >
  3. トランスコスモス、タイムシェア型の広告・Webサイト運用サービス「バーチャルオンサイトサービス」を提供開始