≪「ゴールドウイン テック・ラボ」で研究開発されるアウトドアギアの知見を活かす≫「THE NORTH FACE」から初の抱っこ紐「Baby Compact Carrier」発売

日本人の肩形状にフィットするショルダーパターン設計

プレスリリースのポイント
①  アウトドアギア開発の知見を活かした「THE NORTH FACE」初の抱っこ紐「Baby Compact Carrier」を発売
②  アウトドアパック開発で得た知見を活かした、荷重を分散させられるショルダーパターン設計
③  汚れやすい抱っこ紐。付属のスタッフサックは、洗濯時の洗濯ネットとしても使用が可能
 


株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:渡辺貴生/東証一部:コード番号8111)が展開する「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」は、親子でのファーストアドベンチャーを楽しむための抱っこ紐「Baby Compact Carrier(ベイビーコンパクトキャリア)」を、9月上旬から全国の「THE NORTH FACE」直営店、取扱店及びブランドオフィシャルオンラインストアなどで販売します。

「Baby Compact Carrier」は、「THE NORTH FACE」では初めてとなる抱っこ紐です。首と腰がすわり外に連れ出せるようになった1歳から3歳くらいの子どもへの使用を想定した軽量、コンパクトな仕様となっており、屋外活動の際におんぶ、抱っこの両方で身体に沿って子どもをホールドすることができます。

登山用バックパックの開発なども行うゴールドウインの研究開発施設「ゴールドウイン テック・ラボ」の知見を活かし、荷重の負担を分散させ軽減させるハーネス形状、スライド可能なブリッジベルト、通気性を考慮したメッシュ構造などの機能を採用しており、海外メーカーの抱っこ紐も市場には多く見られる中、アウトドアの知見を活かしたハーネス設計により、より多くの日本人の肩形状にフィットしやすい設計を追求しました。また、ハーネスの形状や伸び感の違いによる荷重分散性にこだわった設計も特長です。付属しているスタッフサック(収納袋)は、洗濯用のネットとして使用することもでき、汚れやすい抱っこ紐を衛生的に保つためのケアへの工夫がされています。

抱っこ紐に重要な安全性に関しても、SG基準※1認定の国内工場との開発によりSGマークを取得しており、それに沿ってショルダー部分のパターン、角度、厚みなどを日本人の男女ともに使いやすい設計を実現するために3年の期間を要しました。

また、「Baby Compact Carrier」は、「THE NORTH FACE」のブランケット「Baby Shell Blanket」(別売)をショルダーのデイジーチェーンに通して簡単に取り付けることができます。

SG基準※1
《SGはsafe goodsの略》一般財団法人製品安全協会が定める、製品の安全性に関する基準に合格した生活用品につけられるマーク。乳幼児用品、福祉用具、台所用品、家具類、スポーツ・レジャー用品などを対象とし、安全基準に合格していることを証明する。
 

■Baby Compact Carrier(ベイビーコンパクトキャリア)
品番:NMB82150
価格:24,200円(税込)
カラー:ブラック(K)、ニュートープグリーン (NT)
素材:75Dポリエステルタフタ
重量:約370g
※首と腰がすわり外に連れ出せるようになった1歳から3歳くらいの子どもへの使用を想定しています。

 



 

 

スタッフサック(収納袋)スタッフサック(収納袋)



【取り扱い動画】
https://youtu.be/W5DJ26yIzgs

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ゴールドウイン >
  3. ≪「ゴールドウイン テック・ラボ」で研究開発されるアウトドアギアの知見を活かす≫「THE NORTH FACE」から初の抱っこ紐「Baby Compact Carrier」発売