コートヤード・バイ・マリオット名古屋が本日開業

~優美な和の美学から着想を得てデザインされた新たなホテルが、名古屋でモダンなおもてなしと素晴らしい体験を提供~

 株式会社読売新聞東京本社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山口 寿一)、積水ハウス株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:仲井 嘉浩)およびマリオット・インターナショナル(本社:米国 メリーランド州、最高経営責任者:アンソニー・カプアーノ、社長:ステファニー・リナーツ)は、本日、「コートヤード・バイ・マリオット名古屋」を開業いたしました。

 コートヤード・バイ・マリオット名古屋は、スイートルームを含む全360室を擁し、心地良さと上品さを兼ね備えた魅力的な空間、考え抜かれたアメニティ、最新のビジネスおよび観光のニーズに応えるテクノロジーでゲストの皆様をお迎えいたします。日本国内では、コートヤード・バイ・マリオット大阪本町に続く6軒目のコートヤード・バイ・マリオットブランドのホテルとなり、マリオットが世界139以上の国と地域に展開する旅行プログラム「Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)」への仲間入りも果たしました。

 本日新しく誕生したコートヤード・バイ・マリオット名古屋は、愛知県の県庁所在地・名古屋市に位置します。愛知県を含む中部地方は、トヨタ自動車をはじめとする数多くの日本の大手企業の本拠地となっており、日本を代表する工業・製造業の集積地地帯です。当ホテルは、名古屋市伏見地区の中心部に建設され、伏見駅まで徒歩8分、名古屋駅まで徒歩18分です。熱田神宮、東山動植物園、名古屋市科学館、レゴランド、名古屋港水族館、名古屋城、ヒサヤオオドオリパーク、日本最古のテレビ塔である中部電力MIRAI TOWERなどの観光名所や市内のほかの商業エリア、ショッピングエリア、エンターテインメントエリアの訪問に絶好のロケーションとなっております。また、中部国際空港から車で約45分、東京・大阪から新幹線でそれぞれ約100分・約50分と、国内および海外の各都市へのアクセスも良好です。

 当ホテルは「現代的なスタイル」を意識しています。客室およびスイートには、上質なベッド、レインフォールシャワー付きの贅沢な浴室、無料の高速インターネットやフラットスクリーンテレビを設置しています。装飾に抽象的なボタニカルモチーフを採用しつつ、アクセントとして名古屋に伝わる有松絞り(※)の生地をクッションに取り入れました。一方で、建物の外観をシックな装いとし、日本の伝統美とホテル前を流れる堀川からインスパイアされたアート作品を随所に配置したインテリアデザインとなっております。
※名古屋市の有松地域に江戸時代から伝わる軽やかな触感が特徴の絞り染め

 オールディダイニングCRUST(クラスト)は、開放感ある高い天井とゆったりとした座席が特徴で、各国の人気料理や豊富なビュッフェを提供します。THE LOUNGE(ザ・ラウンジ)は、友人や家族とのおしゃべりや各種ミーティングにご利用いただける洗練された空間で、プレミアムコーヒーをご提供するほか、アフタヌーンティーには自家製ペストリー、夜には特製カクテルもお楽しみいただけます。
 
 日々の運動を欠かしたくないゲストの皆様は、最新のカーディオマシンとウェイトトレーニング機器を備えた24時間営業のフィットネスセンターをご利用いただけます。

 当ホテルでは、会議、ビジネスカンファレンス、パーティー向けに、大規模なイベントスペースも備えております。広さ440㎡のセントラルボールルームは、会議なら最大500名、宴会なら最大250名までご利用可能です。また、オークルームは、会議の際には便利なコーディネーションセンターとして、結婚披露宴の際にはプライベートな着替え室などとしてご利用いただけます。宴会場のクリスタルルームオアシスルームは、イベントや懇親会などの規模にあわせ、フレキシブルにカスタマイズできます。ドアの前には広々としたホワイエを設けており、会議やイベントの際に簡単な飲食をしたり、挨拶や会話を交わしたりするのに便利な空間となっています。

  この度、コートヤード・バイ・マリオット名古屋の開業を記念して、スペシャルルームパッケージ「LIVE YOUR PASSION」をご用意いたしました。本パッケージは2022年3月1日から2022年6月30日までの期間の宿泊を対象とし、無料の朝食、ダイニングCRUSTの飲食クレジット1,500円分、THE LOUNGEでドリンク1杯オーダーごとにもう1杯プレゼントなど、数々の特典をご提供します。詳細は下記の公式サイトをご覧ください。

  また、2022年3月1日から2022年6月30日までの期間、「開業記念MICEキャンペーン」として、会議やイベントをご予約いただいたお客様を対象に、ミーティング用プロジェクターおよびスクリーンを無料提供し、30名様以上の宴会参加者がいらっしゃる場合は全員にグラスのスパークリングワインを無料提供いたします。会議やイベントに関するお問い合わせは、メール(cy.nagoya.events@courtyard.com) にてご連絡ください。

■ マリオット・インターナショナル 日本・グアム担当エリアヴァイスプレジデント、カール・ハドソンのコメント
「国内で著名な読売新聞ならびに積水ハウスとのパートナーシップにより、コートヤード・バイ・マリオット名古屋の開業を迎えることができ、大変嬉しく思っております。この度の開業は、日本におけるコートヤード・バイ・マリオットブランドの力強い成長と人気を証明しており、同時に、名古屋の街を訪れるビジネスやレジャー旅行者の皆様に最高峰のおもてなしを提供していくという当社のコミットメントの表れでもあります。」

■ コートヤード・バイ・マリオット名古屋 総支配人、トマ・ヴィダルのコメント
「コートヤードは、革新的な設備や交流しやすいロビースペースなど、現代のレジャーおよびビジネスゲストのニーズに応えることで、長年にわたり業界をリードしてきました。ゲストの皆様が世界中のコートヤード・バイ・マリオットに期待されている高いレベルのサービスとおもてなしをお届けし、名古屋を訪れる旅行者の皆様をお迎えできることを心待ちにしております。」

株式会社読売新聞東京本社について
読売新聞東京本社は、世界最大部数の読売新聞(1874年創刊)、小学生向けの読売KODOMO新聞、読売中高生新聞、英字紙The Japan Newsを発行し、確かな情報をわかりやすくお届けしています。持ち株会社「読売新聞グループ本社」の下で多彩なビジネスや社会貢献事業を展開している読売新聞グループの中核企業のひとつです。読売新聞グループは、読売巨人軍、中央公論新社、よみうりランド、報知新聞社、読売日本交響楽団、読売理工学院など文化、スポーツ、レジャーをはじめとする様々な分野で活躍する約150の会社・団体で構成されています。
会社案内サイト「読売新聞へようこそ」URL: https://info.yomiuri.co.jp/index.html

積水ハウス株式会社について
積水ハウスは1960年の設立以来、252万戸を超える住宅を供給してきた住宅業界のリーディングカンパニーです。住環境創造企業として、地球環境を守り、より良い住生活を確保するという「サステナビリティ」思想のもと、長期的な視点での住まいづくりやまちづくりに取り組んでおり、“「わが家」を世界一 幸せな場所にする”というグローバルビジョン実現に向け、ESG経営のリーディングカンパニーを目指しています。
より付加価値の高い不動産開発を目指し、東京、大阪、名古屋、福岡などの都市部における開発事業にも注力しております。マリオット・インターナショナルとは、「セントレジス大阪」「ザ・リッツ・カールトン京都」「W Osaka」「モクシー大阪新梅田」「Trip Base 道の駅プロジェクト」などでのコラボレーションを積極的に進めています。
積水ハウス株式会社 公式サイト:https://www.sekisuihouse.co.jp

マリオット・インターナショナルについて
マリオット・インターナショナル(NASDAQ: MAR、本社: 米国メリーランド州ベセスダ)は、139の国と地域に30ブランド、 合わせて約8,000軒の宿泊施設を擁するホスピタリティ企業です。世界中でホテルの運営およびフランチャイズや、リゾートのオーナーシップ・プログラムを展開しています。当社は、受賞歴を誇る旅行プログラム、Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)を提供しています。詳しい情報は、https://www.marriott.co.jp/default.mi をご覧ください。また最新の企業ニュースは、https://news.marriott.com/ をご覧ください。Facebookやアカウント名 @MarriottIntlにてTwitterとInstagramでも情報発信しています。

コートヤード・バイ・マリオットについて
コートヤードは、出張を自身の充実感や仕事での成長の原動力であると考える、野心的かつ意欲的なゲストに打ってつけのホテルブランドです。コートヤードは、ゲストが旅行中に自身の情熱だけでなく仕事での情熱も追求できる機会を提供します。世界60以上の国と地域に1,200軒以上のホテルを展開するコートヤードは、マリオット・インターナショナルのグローバル・トラベル・プログラムであるMarriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)に参加しています。Marriott Bonvoy会員の皆さまに並外れたグローバルブランドポートフォリオやMarriott Bonvoy Momentsでの体験、そして無料ホテル宿泊に向けたポイントやエリートステータス昇格に向けた泊数獲得を含む、比類なき特典をお届けします。無料会員登録やプログラム詳細については、https://www.marriott.co.jp/default.mi をご覧ください。さらなる詳細や予約に関する情報はhttps://courtyard.marriott.com/ja-JP/ をご覧ください。また、Facebookやアカウント名 @CourtyardHotels にてTwitter、Instagramでも情報を発信しております。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マリオット・インターナショナル >
  3. コートヤード・バイ・マリオット名古屋が本日開業