江戸の伝統を引き継ぐ3名の職人技約550点をご紹介 江戸職人展

6月19日(水)~25日(火)大丸東京店 9階イベントスペース

江戸の伝統を今に引き継ぎ、発展をし続ける3つの職人技をご紹介します。店頭では職人の技を実際にご覧頂くとともに約550点の作品を展示販売。今なお色あせることのない江戸の技をぜひご体感ください。
箱長
明治7年、浅草で創業。伝統の桐製品の魅力を伝える、創業140年の老舗。
桐の表面に繊細な模様を施した「桐木目込み」は、数十種類の彫刻刀を使い図案を彫り、和紙で裏打した正絹の着物地を木目込んでつくりあげる美しく華やかな工芸品です。

一尺5寸4つ引きタンス70,200円


職人:宮田健司


柏ビーズ
昭和11年、浅草にて創業。以来、日本刺繍の技術を取り入れたビーズ刺繍にこだわり続けています。熟練職人によって直径約2mmのグラスビーズを1~2粒ず丁寧に縫い付けた豪華でありながら繊細な品々は一生お使いいただけるアイテムです。

ビーズ刺繍ハンドバッグ432,000円


職人:仙田 和雅


石川べっ甲製作所
亨和2年(1802年)に初代が創業した江戸鼈甲の老舗。希少価値が高い鼈甲を現代に伝えるべく、今までのデザインとは一味違う江戸東京ならではの斬新なアクセサリースタイルを追求します。 ★実演はございません。


鼈甲茨布時計70,200円


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社大丸松坂屋百貨店 >
  3. 江戸の伝統を引き継ぐ3名の職人技約550点をご紹介 江戸職人展