次世代型ITアウトソーシングサービスの中核機能「MSCC」をアップデート

ServiceNowを採用しお客様のIT運用の一元管理とスピードアップを実現

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史、以下:TIS)と、TISシステムサービス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:森 隆、以下:TSS)はIT運用における運用中核機能「MSCC(マネージド・サービス・コントロールセンター)」をアップデートしたことを発表します。

MSCCは、ITシステム運用のプロフェッショナルが24時間体制で企業のIT部門の業務を代行し、顧客のITシステムの監視・障害対応や問合わせ対応など全般のシステム運用を提供するサービスです。
MSCCの「Monitoring&Control (監視)」、「Service Desk(サービスデスク)」および、「Decision(意思決定)」の3機能を今回のアップデートで強化し、運用ポータル活用によるコミュニケーションの効率化、仮想会議を活用した速やかな意思決定などが可能になり、より迅速な障害復旧ができるようになりました。
また、MSCCを支えるサービス運用プラットフォームにはServiceNow社のクラウド型デジタルワークフローサービス「ServiceNow※1」を採用しており、今後ServiceNowを活用した更なるサービス拡大を検討しています。将来的には運用で得られたデータを集約し、予兆分析や高度傾向分析に活用する基盤を提供し、お客様の意思決定を支援していきます。

TSSは2023年までに、30社へのサービス運用プラットフォームを活用したMSCCサービスの提供を目指します。

※1 ServiceNowとはServiceNow社が提供するクラウド型デジタルワークフローサービスです。
https://www.servicenow.co.jp/

<MSCCの全体イメージ>
MSCCはITシステムの監視・障害対応や問合わせ対応など全般のシステム運用を提供するサービスです。
運用ポータル(ServiceNow) をお客様との窓口として、運用対応の依頼およびお問合せをチケット単位で管理します。さらに他社の運用管理ツールや自社開発ツール(監視ツール、自動化ツール等)をServiceNowと疎結合できるため、DX化に伴うITシステム運用の変化と共に各種基盤の追加開発なども容易に行うことができ、お客様のIT基盤の継続的価値向上を実現します。

■背景
昨今、働き方改革などによるワークスタイルの変化や、コロナ禍におけるテレワークや緊急事態宣言などの突発的な政府の方針転換においても事業に影響を出すことなく、ITシステム運用を継続できる体制の維持と仕組みづくりが企業には求められています。
今までもMSCCは社会基盤を支える重要な機能として24時間365日体制でお客様のビジネスを支えてきましたが、テレワーク環境でのモバイル活用による時間と場所に囚われないITシステム運用の利便性や、ナレッジやチャット等の機能を通じてお客様の課題を解決すべく、機能をアップデートします。

■MSCCアップデートの概要について
①サービスインまでのリードタイム短縮
監視や自動化などの各種運用機能のベストプラクティスをパッケージ化しました。パッケージ化した各機能はAPI疎結合を前提としており、継続的且つ自律的にアップデートします。お客様はこれらの予めパッケージ化されたモデルを採用することにより、従来の運用要件定義の時間を削減することができ、サービスインまでのリードタイムを短くすることができます。

②利便性向上
お客様のインターフェースとなる運用ポータル(ServiceNow)を提供します。これにより、今まで複数のツールで管理していたIT運用ベンダーへの作業依頼やナレッジなどの情報が単一のポータルに集約され、関係者間で共有することができるようになります。
また、ポータルでは作業依頼の対応状況やシステムの状態などを把握できるようになるため、
運用管理が容易になるほか、リソース使用状況などのシステムの状態をリアルタイムにポータルで把握することができます。これら2つの利便性向上により、運用業務におけるストレス低減や、運用業務への関係者エンゲージメント向上にも貢献します。
 
■MSCCコンセプト
お客様の様々なプラットフォームに対して一元的に運用ベストプラクティスを提供すると同時に、デジタル技術の活用によりお客様の新たな運用の価値体験を提供します。
①  高い信頼性の維持
②  ワンストップでのサービス提供
③  高い安全性の確保
④  新たな運用の価値体験
「MSCC」の詳細については以下URLをご参照下さい。
https://www.tss-j.co.jp/service/mscc/

■エンドースメント
ServiceNow Japan合同会社 執行役員社長 村瀬 将思氏より以下のコメントいただいています。
「ServiceNow Japan合同会社は、TIS様、TSS様がServiceNow Customer Service Managementの活用で運用中核機能「MSCC」で実現する顧客体験を強化することを歓迎します。ServiceNowの強力なデジタルワークフローソリューションは、優れた顧客体験を提供し、業務の生産性を劇的に改善します。ServiceNowが提供するカスタマーワークフローと、TIS様が長年培われたノウハウと専門知識を持った運用チームの強力な支援体制によって、お客様のビジネスを最大限に支援できるものと確信しております。」

TIS株式会社について(https://www.tis.co.jp/
TISインテックグループの TIS は、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなど
サービス型の IT ソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN 地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で 3,000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。

TISシステムサービス株式会社について(https://www.tss-j.co.jp/
TISシステムサービス株式会社(略称TSS)は、TISインテックグループにおける運用ビジネス戦略の中核を担うべく、安定運用と生産性の向上で貢献することで、お客様から信頼される運用パートナーを目指し、多様なプラットフォームの構築から運用そして周辺業務までDX時代に即した高度なIT技術で多様化、複雑化したシステムをトータルにサポートします。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

◆本件に関するお問い合わせ先
TIS株式会社 IT基盤技術事業本部 IT基盤技術事業部 IT基盤営業部
TEL:050-1702-4063 E-mail:ps-info@ml.tis.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TISインテックグループ >
  3. 次世代型ITアウトソーシングサービスの中核機能「MSCC」をアップデート